« 社会保険料削減作戦 その3 | トップページ | 社会保険料削減作戦 その5 »

2014年9月16日 (火)

社会保険料削減作戦 その4

イントロが長すぎましたね。
そろそろ本題に入りましょう。

どうやったら削減できるのでしょうか?
社会保険の仕組みをよく知らないと削減できないのですね。
では「古典的削減策」、「よくアルアル作戦」・・・。

(1) 昇給月を7月にしよう

これは社会保険の「算定」というものが、
4月~6月の等級で決まるからなのですね。
でも、多くの企業が4月から昇給です。
大企業は3月決算が多いですし、官公庁の年度も3月
ですからね。
自動的に4月昇給となるのです。
ということは、3月決算でない中小企業は会社の決算に合わせて
昇給月を決めることが大事なのですね。

(2) 4月から6月の残業代を減らす

なんとなく「セコイ」削減策ですが!?
「算定」には残業代が含まれますので、
4月から6月の残業代を抑えれば自然と等級が下がるのですね。

(3) 給与を報酬月額の右側に設定する

これももっと「セコイ」かもしれませんが、
こういうことも社会保険料の仕組みを知っておけば
結構大事なことなのですね。
報酬月額の幅は2万円あるのでしたね。
たとえば標準報酬30万円のレンジは
「290,000円以上 310,000円未満」なのですね。

こういうことを加味したうえで昇給額を決めるべきなのですね。
今年消費税率が8%に上がった時に、昇給額のご相談を
多くのところで受けました。

「一律に3%上げたい」

ようなお話なのですね。
でも実際に計算すると、昇給したけど、社会保険料を
加味したら大したことなかった・・・。

算定で等級が上がった方から
今月間違いなく文句言われますよ・・・・。

« 社会保険料削減作戦 その3 | トップページ | 社会保険料削減作戦 その5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/60323578

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険料削減作戦 その4:

« 社会保険料削減作戦 その3 | トップページ | 社会保険料削減作戦 その5 »