« 鎌倉シャツ魂のものづくり その5 | トップページ | お盆休み »

2014年8月15日 (金)

鎌倉シャツ魂のものづくり その6

貞末会長の「語録」などまだまだ語りたいところなのですが、
お盆だし、そろそろまとめましょうか。


では最後に、もう一つ学んだ鎌倉シャツの強さの秘密。
SPAの最大の強みMD(マーチャン・ダイジング)ですね。

SPAの大先輩ユニクロは、あまりにも大きくなりすぎて、
企画から製造販売に至るまで1年くらいかかることも
しばしばなのだそうですね。
これはユニクロの宿敵SARAとの比較で学びました。こちら

その企画の読みが外れればリスクは伴います。
最近のユニクロの調子が悪いのはまさにそのあたり。
その点SARAは違ったのですね。

つまり鎌倉シャツは「SARAの日本版」。
少量多品種の生産力・企画力なのですね・・・。

これはこの本で学んだ大事な点。
一言でいえば、鎌倉シャツのMDは「売れ筋」ではなく、
「売り筋」追求型。

どういうことかというと、「売れ筋」MDは、
いまマーケットで何が売れているかを追うMD。
それに対して「売り筋」MDとは、
「自分が何を売りたいかを追求するMD」

これは理想のMDなのでしょうね。
でも何故それができるか。
理由は簡単です。このビジネスモデルが至極明快だからですね。

「品目はシャツに絞り、生地素材は綿100%の100番手が主力。
価格は4900円一本。」


MDの要素を極力絞り込んでいるからなのですね・・。
なかなか鎌倉シャツのビジネスモデルは優れていると
思いませんか・・・。


そてそこまで「べた褒めする」鎌倉シャツなのですが、
実は私は一着しかもっていません。

最後に正直に書きます。
どうも「胸ポケット」がないところが不便なのですね。
その点私自身は「グローバルスタンダード」にはなっていないのです。

鎌倉シャツのMDには、残念ながら私ははずれているようです・・・。


(ガンバレ!メイド・イン・ジャパンのシャツシリーズ おしまい)

« 鎌倉シャツ魂のものづくり その5 | トップページ | お盆休み »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉シャツ魂のものづくり その6:

« 鎌倉シャツ魂のものづくり その5 | トップページ | お盆休み »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31