« まっすぐにバカ正直にやり続ける。 その3 | トップページ | 火祭りロードレース »

2014年8月22日 (金)

まっすぐにバカ正直にやり続ける。 その4

スシローの30年間ぶれない戦略はこの4つ

① 原価率50%でうまい寿司を出す。
② “超”薄利多売をめざす。
③ 「原価管理」と「コスト管理」を徹底する。
④ 郊外に出店する。

スシロー創業者清水氏の「商売哲学」です。
これはこれだけで参考になるのではないでしょうか。

外食産業のお話を何度も取り上げていますが、
原価率50%というのもすごいですね。
俺のイタリアンの60%には及ばないものの、
あのサイゼリヤの40%を上回っています。

なかなか50%は真似できないでしょうね。
回転寿司は確かに「安さ」で人を呼びます。
でも「安さ」に慣れてくるとやはり「味」を
求めてくるのですね。

当たり前のことかもしれませんが、
なかなかできないことのようです。
まえにご紹介した「外食産業の裏側」では
「鮮度の落ちたネタを食べさせるために、
回転寿司の醤油差はドバっと出るような工夫がされている」
そんな店もあるのでしたね。

やはりそんな業界ではやがて淘汰されてしまうのでしょうね。

スシローには「セントラルキッチン」がありません。
多くの回転寿司チェーンでは、セントラルキッチンで
切り分けられたネタを再度冷凍し、各店舗で解凍して
寿司ロボットで作られたシャリにのせられて
出されるそうです。

コストを考えたら「セントラルキッチン」は正しいのですが
2度の解凍でやはり魚の味は落ちるのですね。

スシローは、水産会社から直接各店舗へ配送する
システムを構築しているそうです。
確かに手間はかかるのでしょうけど、
この方が「味」は確保できるのです。

「まっすぐにバカ正直にやり続ける。」の意味が
だんだん分かってきましたか・・・。

« まっすぐにバカ正直にやり続ける。 その3 | トップページ | 火祭りロードレース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まっすぐにバカ正直にやり続ける。 その4:

« まっすぐにバカ正直にやり続ける。 その3 | トップページ | 火祭りロードレース »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31