« 永遠のゼロ | トップページ | 館山若潮マラソン その2 »

2014年1月27日 (月)

館山若潮マラソン その1

Tateyama_start

初フルマラソンにデビューした思い出のあるマラソン大会。
それはもう3年前の事。もう4度目の大会となりました。

昨年は列車故障による遅刻で、「幻の自己ベスト」でした・・・。こちら
それで今年は、気合を入れて「前泊」して臨みます。
いつものように「やる気満々ポーズ」
Tateyama_startline


「4時間から4時間30分」の列に並んで、
初の「4時間30分切り」を目指します。
実はこの時点ではかなり自信があったのですね。
「ハーフで1時間53分を出すくらいだから、
フルなら4時間30分は楽勝だろう・・・」

それくらいの思いだったのですね。
しかし、「そんなマラソンは甘くない」ということを
思い知らされたレースでした・・・。

スタートしてから最初の3キロは
1キロほぼ5分40秒ペース。
いつものハーフより遅いのですが、まだまだ余裕。
できるだけ遅いランナーを抜いて前に行きます。

これも多くのレースで学んだ教訓なのですね。
とにかく自分のペースをキープできる環境に追いやることなのですね。
当然ですが、前に行けばいくほどペースがあがります。

最初の5キロ地点。ここまでのスプリットタイムは29分05秒。
いいペースです。

少しペースを上げ1キロ5分30秒くらいに。
ほとんどストレスなく走れるレース集団に
入ることができました。

Tateyama_7kiro

7キロ地点。
このあたりが富士山の絶景ポインとなのですが、今日は曇ってて
富士山が見えない・・・。ちょっと残念でした。

でも1キロ5分40秒をキープ。調子は良さそうです。

10キロ通過。スプリットタイムは57分22秒。
真横にいかにも「走りこんでいそうな」集団と並走します。

「いい感じ。予定より2分速いけど、このままいったらサブフォーだ。」

そんな会話が飛び込んできます。

「オレもついにサブフォーか・・・」

4時間30分切りどころか、サブフォー!。
そう思うだけでなんだかうれしくなってきました・・・。

« 永遠のゼロ | トップページ | 館山若潮マラソン その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/59018501

この記事へのトラックバック一覧です: 館山若潮マラソン その1:

« 永遠のゼロ | トップページ | 館山若潮マラソン その2 »