« 「税務署は見ている」 飯田真弓著 その2 | トップページ | 富士山マラソン その1 »

2013年11月22日 (金)

「税務署は見ている」飯田真弓著 その3

「調査官は帳面でなく人柄を見ている」

これも、この本で面白いと思ったところです。

最近の若い調査官などは、挨拶もそこそこに、
いきなり帳面を見始める人も多いのですね。
これは以前「雑談力」で取り上げたお話ですね。こちら

雑談をしながら相手を観察する能力。
これは税務署だけでなく、あらゆるところで
必要とされるのでしょう。


この著者はこうハッキリ言っています。

「税務調査はその経営者の人柄を調べに行くもの」

だからこそ、経営者は調査官に対して、うそをつかず誠実に
対応していれば、それで十分なようです。

「目は口ほどにものをいう」

本当に不正をしている経営者なら、調査官は目を見て
分かるそうです。
著者はなかなかすぐれた調査官だったのでしょうね。


ところで、税理士に対してもかなり批判的なことも書いています。
税理士の悪口になるので、ここではアップしません。

「なるほどそうなのか。税務署はそういう目で見ているのか。」

これは参考になったとともに、少しだけ反省もしました。


最後に税務調査が行われる確率について
説明していました。
平成18年のデータで、100社あって、わずか5社ほどなんだそうです。

ということは、95%の普通の会社には、めったに税務調査はないと
いうことなのですね。


では、「どういう会社なら大丈夫か」は、参考になりました。


「日頃から社員とコミュニケーションを大切にしている会社」
「社員を大切にしている会社」
「社長が自らをきちんと律している会社」


はまず選ばれないそうです。
これも「なるほどな」と思いましたね。


3つの条件をよく考えてみてください。
一つでも当てはまらないと税務調査がありそうですね。

もしそうなら、この本を読んで対策をしていただくか、
有能な税理士をお探しください・・・・。

(ガンバレ! 女子1期生調査官シリーズ おしまい)


東京マラソン落選!3年連続出場ならず!!!

« 「税務署は見ている」 飯田真弓著 その2 | トップページ | 富士山マラソン その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「税務署は見ている」飯田真弓著 その3:

« 「税務署は見ている」 飯田真弓著 その2 | トップページ | 富士山マラソン その1 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31