« 「競争力」三木谷浩史・良一著 その3 | トップページ | 「競争力」三木谷浩史・良一著 その4 »

2013年10月28日 (月)

手賀沼エコマラソン

Teganuma_goru


2年ぶりの手賀沼。もう大人気のハーフマラソンで
エントリー合戦がすごく、なかなかエントリーできないのですね。

走ってみるとよく分かります。
東京から何と言ってもアクセスがよい。
しかもほとんどフラットなので走りやすい。大人気なのもよく分かります。

Teganuma_baigaesi


マラソンシーズンがいよいよ本格的にスタートして
気合十分。ハチマキ分かりますか?


2年前は初めてだったので一番後ろのブロック。
今回は6番目とやや昇格。
ブロックが前だと当然レベルも高いはず。
スタートして最初の1キロが5分30秒。いいペースです。
次が5分20秒。5分21秒。

最近分かってきました。
最初の3キロでその日の好不調が分かるのですね。
今日は調子がよさそうです。
そのまま、5分22秒。5分30秒と楽々5キロ通過。

手賀大橋で、昨年感動したブラスバンドを聞いて元気が出ます。
気温も少し暑いくらいですが、日差しが心地よい。
台風が通過してくれたことに感謝しつつ、楽しんで走ります。

Teganuma_kannmon


10キロの関門通過。
前回はひやひやしながらここを通過した記憶がありますが
今回は楽々通過。

12キロ地点でこのコース唯一の登り。

Teganuma_rouzinn


これを登りきると、老人ホームの大応援。これも前回感動しました。
このマラソンの良さは、ランナーが一番苦しい所に
必ず大応援があるのですね。

Teganuma_hakusann


中学生のブラスバンド。なんだかうれしくなります。

16キロ。このあたりから風がきつくなります。
でもまた手賀大橋のあのブラスバンド。
あのZARDの名曲「負けないで」を
一緒に手拍子しながら走り抜けます。

Tegqanuma_18k

18キロ。向かい風がキツイ。
ここからのラスト3キロが一番きつかったですね。
19キロのラップが6分19秒。この日ワースト。
でもそのあとのラップが6分01秒と6分08秒。
なんとか持ちこたえたみたいです。

2時間3分4秒でゴール。

平均すると1キロ5分52秒のペース。
2時間は切れなかったのですが、
2年前は2時間15分かかりましたから、
マズマスというところでしょうか。こちら

参加者が9000人に対してスタッフが1300人もいるそうです。
関係者の皆様ありがとうございました。

手賀沼はほんとに素晴らしい大会です。
来年またぜひ走りたいですね。

« 「競争力」三木谷浩史・良一著 その3 | トップページ | 「競争力」三木谷浩史・良一著 その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/58468687

この記事へのトラックバック一覧です: 手賀沼エコマラソン:

« 「競争力」三木谷浩史・良一著 その3 | トップページ | 「競争力」三木谷浩史・良一著 その4 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31