« ついに「俺のフレンチ」デビュー! その1 | トップページ | 400万企業が哭いている (石塚健司著) その4 »

2013年6月11日 (火)

ついに「俺のフレンチ」デビュー! その2

まず「取りあえずビール」。
モルツ560円。これは普通の値段。
次にワイン。何だか分からないので、500円の「取りあえずワイン」
つまみはチーズの自家製オイル漬。480円。
あとサーモンフリボルテ780円。

Ore_tizu


しかし、テーブルが実に狭い。
大皿が2枚くると、他に何ものっかりません・・・。
隣はそれでもOL4組。窮屈ながら楽しそうに飲んでいます。

このあたり戦略なのですね。
一つの小さなテーブルに一組。
一人飲みの人もここだけ。
いわゆる駅前の立ち飲みにありがちな「お一人様席」は
ないのですね・・・。
ターゲットを「30代のOL」に絞っている理由も分かります・・・。


ただ500円ワインはもう一つだったので、
白ワインを注文。これも500円。
やはり料理の原価率を上げて飲み物で儲ける戦略なのか・・・。
と納得しながらもワインが進みます・・・。
お勧めと言われて注文した「ブータンノワール」680円

Ore_budann

安かったけどこれはもう一つ・・・。

白ワインを2杯飲んだところで、メインディシュの
「牛ヒレ肉のフォアグラのロッシーニ」到着。1480円。

Ore_gyuu


こうなると、やはり赤ワインが飲みたい・・・。
思い切ってグラス1200円のワインを注文・・・。
これは美味い!
牛ヒレも最高!

「さすが三ツ星シェフ!」とうなります・・・。

味を堪能したところで、やはり1時間も立っていると
足がだるくなってきます・・・。
分かっていますが、これも立ち飲みの戦略ですね。

ここでお会計。一人5000円。
ほろ酔い気分で店を後にしました。
お店の滞在時間、1時間15分。
ちょっと飲みすぎましたか・・・。
(一応調査目的だったので…言い訳)


たぶん、普通のOLさんなら、飲み物一杯、デザートまででつけても
確かに3000円くらいで収まるのでしょうね。


40分待った価値はあったかというと、確かに満足でしたね。

ただゆっくり料理を楽しむというのに、少し限界はありそうですね。
正直、「酒飲みオヤジ」の一員としては、ちょっとうるさすぎました。
実は、酔っぱらって騒いでいる団体がいてちょっと残念でしたね。
従業員も忙しすぎて、それを注意する余裕もないというか・・・。


結局確かに味は一流の三ツ星シェフなのでしょうが、
オペレーションに難ありというのが率直な感想でした・・・。


ただ、この驚異の回転率は業界に衝撃を与えているのは
間違いないのでしょうね。
一度頑張って並んでみてください・・・。

« ついに「俺のフレンチ」デビュー! その1 | トップページ | 400万企業が哭いている (石塚健司著) その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/57568157

この記事へのトラックバック一覧です: ついに「俺のフレンチ」デビュー! その2:

« ついに「俺のフレンチ」デビュー! その1 | トップページ | 400万企業が哭いている (石塚健司著) その4 »