« 秩父芝桜とパワースポット | トップページ | 色彩を持たない吉田のぶやすと、彼の巡礼の年 »

2013年5月 7日 (火)

GWと多崎つくる

ゴールデン・ウィーク(GW)いかがでしたか?
私はGW前半秩父にでかけたものの、後半は出かけず。
例年参加している「春日部大凧マラソン」は参加しませんでしたが
でも気の合った仲間とテニスし、また囲碁も打ったりして
かなりリフレッシュしました。

40年来のジャイアンツファンの私としては
こどもの日の、「長嶋茂雄と松井秀喜」の生中継に感動しました。
何度もスポーツニュースで繰り返し見た後、
興奮して寝付かれなかったので、ついにあの本を読むことにしました。

Tukuru_3


ご存知、今話題の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

100万部も売れているそうですね。
電車乗ると、すべての広告がこの本だったりして、
出版社もかなり鼻息荒いのですね。

アマゾンで速攻買いしてあったのです。(但し中古で1000円!)
深夜に読みだしたら、寝られなくなってしまいました。
結局一晩で一気に読み終えてしまいましたね。
村上作品のなかでは非常に読みやすい本ではないでしょうか。

ここで書評を書くと読んでない方に、ネタバレしてしまうので
書きません。
個人手的には、「推理小説を読んでいるみたいに」
「どんな結末だろう?」とどんどん読んでしまいました。
そういう意味では面白かったのですね。

最初は「死をテーマにした重い本かな?」とか
「友情をテーマにした本かな?」

とか思いながら読み進めたのですが、
何だか分からないままの読後感。
昨日ちょうど村上春樹さんの講演会が京都であったニュースで
聞いたのですが、

「傷ついた人間が、立ち直り成長していくところを描きたかった」

ようなことを述べたらしいですね。
なるほど、「色彩を持たない」とは「精神的に傷ついた」と
いうことだったのですね。

詳しくは読んでみてください・・・。


マラソンつながりの「急性ハルキスト」としては
「もう少し自分が音楽に造詣が深ければ
より深く感動しただろう」と少し後悔したことと、

精神的にも肉体的にも、立ち直るために
主人公が水泳を始めたというくだりは、
村上さんがトライアスロンをやっている成果かなと
「誰も指摘していないところに」
妙に納得しました・・・。

« 秩父芝桜とパワースポット | トップページ | 色彩を持たない吉田のぶやすと、彼の巡礼の年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/57329731

この記事へのトラックバック一覧です: GWと多崎つくる:

« 秩父芝桜とパワースポット | トップページ | 色彩を持たない吉田のぶやすと、彼の巡礼の年 »