« 山中湖ロードレース | トップページ | 起業家(藤田晋著)その6 »

2013年5月28日 (火)

起業家(藤田晋著)その5

藤田社長がいう「メディア事業」に執念は燃やしていたものの、
その後ずっと、サイバーエージェントは「迷走」し続けます。


このあたり他の「起業家」の方には参考になりますね。
「お茶の通販サイト」、「並行輸入車の販売サイト」、「宝石の通販サイト」・・・
なんでも手がけます。
大規模な「メディア事業」を立ち上げるというより、
すぐ売上が立ちそうな「お手軽事業」ばかり
とりあえず手を付けていきます。

でも、ネット業界ではここが大事なのですね。
めまぐるしく変わるこの業界の中で、
常に新しいことを手掛けようとする姿勢が必要だと
藤田社長は確信しているからです。

2004年から
「黒字化した利益の30%を新規事業への投資にあてる」
ルールを発表し、さらに新規事業への投資のルール
「CAJJ制度」を作ります。
これは前にご紹介した撤退のルールなのですね。


2004年9月期で、売上は267億円、営業利益が17億円。
目標とする売上300億円、営業利益が30億円には届きませんでした。

そこ頃、脚光を浴びていたのが、ホリエモン率いるライブドア。
売上308億円、営業利益が56億円。
もともとサイバーエージェントの「下請け企業」に
ついに抜かれてしまいます・・・。

彼は焦ったのでしょうね。
しかも彼が目指す、「メディア事業」を先に手掛けていた・・・。
ホリエモンがカネの力で、つまり買収で「ライブドア」を
手に入れたからなのですね。

でもそのホリエモンも、ついに逮捕されてしまう。
これこそ「ライブドア・ショック」
さらに村上ファンド率いる村上氏も逮捕。
サイバーエージェントの株価も暴落し、
ベンチャー冬の時代が、またも到来・・・。


またここでも迷走するのですね。
起業家の苦しみをイヤというほど味わうのです・・・。

投資家からかなり叩かれます。

2004年に始めて黒字化したときも、
「一部グループ企業の貢献で黒字化しただけ・・・」
2005年、2006年の決算も
「ミクシィへの投資の売却益で黒字化しただけ・・・」
2007年の決算でも
「FX事業によって利益を出しているだけ・・・」


最年少上場企業社長として、騒がれ注目されながらも、
やはり彼は「起業家」として叩かれ、苦しみ続け、
それでも成長していくのですね・・・。

« 山中湖ロードレース | トップページ | 起業家(藤田晋著)その6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起業家(藤田晋著)その5:

« 山中湖ロードレース | トップページ | 起業家(藤田晋著)その6 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31