« 法人復興特別税 | トップページ | 起業家(藤田晋著)その2 »

2013年5月21日 (火)

起業家(藤田晋著)その1

Kigyouka


3月決算が佳境に入ってきました。
かなり忙しい毎日ですが、忙しければ忙しいほど
かえって本を読みたくなるものですね。

先日、大学生の方からメールもらいました。
「会社を起業したいのでぜひ相談に乗ってください。」

もううれしくなりましたね。
聞くと起業をめざすネットワークに加入しているのだそうです。
そんな学生さんが多いのを聞くと、まだまだ日本経済の先行きは
明るいと思ってしまいますね。

その学生さんも、リブセンスの村上さんの本を読んでいました。こちら
そういえばリブセンスの村上社長も、
このサイバーエージェントの藤田さんの本を読み、刺激を受け
起業を思い立った一人だったのですね。

ずいぶん前に、この藤田社長を取り上げました。こちら
あの頃は、「若い経営者なのにしっかりしているな。」
と妙に思ったのですが、この本を読んであらためて
よく分かりました。

この本の題名の通りに「起業家」としての道を
着実に歩んできていたのですね。
しかもずいぶん険しい「いばらの道」だったようですが・・・。

若い人があこがれる「藤田社長の成功イメージ」とはかなり
かけ離れた「泥臭い」お話ばかりです。
それがかえって、この藤田さんの実像に迫り、
彼の非常に誠実な姿が描かれています

1998年に藤田さんは若干24歳で
まさにゼロから、それこそマンションの一室から起業します。

でもここで私しかできない「ツッコミ」
実は私も1998年起業なのですね。同級生です!?
同様にマンションの一室(正確には自宅マンションの一室)からです。

1998年というとあのグーグルが起業した年なのですね。
これは私が良く言う「ネタ」です。

それから、たかだか15年しかたっていない。
それでもグーグルは世界的な企業になったし、
サイバーエージェントは日本を代表するIT企業に
育ったのです。

でもこの本を読むと、
「いったいITバブルとはなんだったのか?」
「これからインターネットビジネスはどうなるか?」

そんなことまで考えてしまいます。

現在株式市場が好調ですし、若い方が藤田さんや村上さんを目標に
もっと「起業家」を目指してほしい、
そんな願いを込めて、ご紹介していきましょう。

« 法人復興特別税 | トップページ | 起業家(藤田晋著)その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起業家(藤田晋著)その1:

« 法人復興特別税 | トップページ | 起業家(藤田晋著)その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31