« お金という人生の呪縛について(マネックス証券松本大社長著) その3 | トップページ | 糖質制限3か月・・・ »

2013年4月 4日 (木)

ISA(アイサ)は日本経済への愛さ・・・!?

特定の証券会社の事をいつまでも語っている訳には
いかないのですね。

実は証券税制で大きな改正が今年は待っているからなのですね。
証券界を揺るがす大事件!ですから。

現在、上場株式などの値上がり益に対して課税される税率は
10%(所得税7%・住民税3%)という軽減税率が適用されているのですが、
この税率は平成25年12月31日までで打ち切りとなりました。

来年からは、20%についに戻ります。
さらに復興特別所得税がかかりますから、厳密に言うと
20.315%(所得税15.315%・住民税5%)

これは大変ですね。
いままでも税制改正論議のなかで、この軽減税率となっている証券税制を
元に戻そうということが必ずあったのですが、
「そんなことをしたら株式市場が暴落する・・」
と証券界やそれこそ財界まで含めて大反対していたのですね。
それはそうでしょう。
25年で売却するのと26年で売却するのでは税率が倍も違う。
そうなれば今年中に皆株を売ってしまいますから・・・。


ところが今年でついに打ち切られることになりました。
その見返りとして来年導入されるのが、
「ISA」
アイサと読みます。
ご存知ですか?今年のキーワードですね。

日本語でいえば「少額投資非課税制度」
年100万円までの投資が5年間、計500万まで非課税になります。
簡単にいえば

「非課税にしてあげるからもっと株を買ってください」

という税制ですね。
昨日の日経の朝刊にも掲載されていましたね。
読みながらよくよく考えてみました。
記事によると、ISAの本家である英国で国民の4割が
ISA口座を持っているそうです。
そのうち8割は投資信託など安定的に運用。

英国はインフレ体質の国。預金金利はインフレ率を下回っているから
当然ながら証券投資に向かわざるを得ない・・・。

これに対して、日本はデフレ。
しかも家計資産の55%をも占める現預金でも
デフレのおかげで実質金利はプラス。

でも安倍さんのアベノミクスがうまくいって、
本当にインフレになってきたら、資産を守れなくなる・・・。

だからこそISAで投資を・・・。

何となくこれが政府のシナリオなのですね。
さてシナリオ通りに行くのでしょうか。

ということで、政府の台本はコレです。

「株式に投資することは日本経済に投資することです。
ISAは日本経済への愛さ・・・。」

« お金という人生の呪縛について(マネックス証券松本大社長著) その3 | トップページ | 糖質制限3か月・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/57102128

この記事へのトラックバック一覧です: ISA(アイサ)は日本経済への愛さ・・・!?:

« お金という人生の呪縛について(マネックス証券松本大社長著) その3 | トップページ | 糖質制限3か月・・・ »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31