« 食い改めよ | トップページ | 「俺のイタリアン 俺のフレンチ」(俺の坂本孝社長著) その1 »

2013年4月22日 (月)

国税局との囲碁対抗戦

週末にまた楽しみな大会がありました。
国税局と税理士会との対抗戦です。

開業以来毎年参加しているからもう15回目ですね。
これだけ参加していると顔なじみの人も多いので
年に一回、碁仇に会うのが楽しみなのです。

趣味を通じて知り合うというのは実に良いものだと
感じます。
よく「芸は身をたすく」といいますが、
囲碁というすばらしい趣味を通じて、
いろいろ商売上の人脈も増えるのですからね。


ただ商売上の話など一切しないで、純粋に囲碁を楽しむから
よけいに親しくなれるのでしょうね。

日頃「税務調査」などで税務署とやりあうことが
多い税理士としてもこの日ばかりは別です。
碁盤を通じて「やりあう」のですから、これはこれで
実に楽しいものです。


税務署の方の石を「殺して」しまうことさえあるのですから。
まあ、これは囲碁をやらない方には分からないお話でしょうね。

囲碁をよく「手談」という言い方をしますが、
碁盤を通じて会話するのですね。
ですので一局打つと相手の心が読めるような気がします。

税務署の方々を
「良い方も多いのだな・・・」
失礼ながらそう思ってしまうのですね。


結果はあえて書きません。
親善大会ですから・・・(言い訳ですか・・・)


でも税務署では碁を打つ人が最近減っているそうです。
昔は、昼休みに必ず碁を打っている職員が多かったのですが、
今はそれすらできないそうです。
理由は税務署には今碁盤が置いていないからです。

今は公務員の方も大変ですね。
昼休みに碁を打っていると、苦情でも来るのでしょうか。

囲碁の愛好家の一人として少しさびしい気がしました。
マラソンで大活躍している川内君のように
「公務員碁打ち」がもっと増えてほしいものです・・・。

« 食い改めよ | トップページ | 「俺のイタリアン 俺のフレンチ」(俺の坂本孝社長著) その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/57223710

この記事へのトラックバック一覧です: 国税局との囲碁対抗戦:

« 食い改めよ | トップページ | 「俺のイタリアン 俺のフレンチ」(俺の坂本孝社長著) その1 »