« 糖質制限1カ月で4キロダイエット! | トップページ | 個を動かす 新浪剛史ローソン作り直しの10年 その2 »

2013年2月 6日 (水)

個を動かす 新浪剛史ローソン作り直しの10年 その1

年初から申し上げている「常識を破る非常識シリーズ」第2弾!!

Kowougokasu_2

このブログを始めてから5年近く経ちますが、
このローソンも3年ほど前に「砂漠で梨を作る」で
取り上げましたね。こちら

あれからずっとローソンに注目していました。
毎日のように実はローソンに通ってもいます。

「ローソンの改革がどう実行されるのか」

本当に注目していたのですね。
ですので、その結果報告みたいな本です。
長くブログやっていると、これだから面白いですね。


あの「砂漠で梨」の本から感じていたことなのですが、
新浪社長は「打ち上げ花火」がお好きな方のようです。
日本郵政、マツモトキヨシ、ショップ99との提携など
次々に派手な戦略を繰り広げてきましたね。

この「個を動かす」の冒頭にもそれが書いてあって、
「メディアを使わせていただいたところがある・・・・」

そうなのですね。
新浪社長のイメージとは
実にうまくメディアを使う戦術家です。
「精悍な顔つきの」「若手」「スポーツマン」
「新世代のオピニオンリーダー」・・・
いろいろ良く言われ続けていました。

2002年に若干42歳でローソンのかじ取りを任されて、
早くも10年です。
1959年生まれですので、私と同年代。

オーナ社長ではないということに特徴がありますね。
これは、上場企業の社長で創業者ではないというのが
面白い所ですが、これは最後に詳しく紹介されていました。
そういう方で10年も社長が続いたのは、
ローソンの新浪社長と、スクウェア・エニックスの和田社長、
任天堂の岩田社長くらいらしいです。

実は和田社長は野村証券からスクウェア・エニックスに
移って社長になったのですね。
彼の新浪社長談は面白かったですね。
誰にも言っていないことを書きますが、
実は和田社長は野村証券で私と同期だったのですね。

同期としてこの10年、この10年はリーマンショックあり、
東北大震災ありと、まさにいろいろあった10年でしたが
でもこんなにも努力もされ、また進歩された方がいたとは・・・・。
「私ももっと頑張らねば・・・。」
これがこの本の率直な読後感です。


そんな観点から、ローソンの「新世代のオピニオンリーダー」を
また取り上げたいと思います・・・。


« 糖質制限1カ月で4キロダイエット! | トップページ | 個を動かす 新浪剛史ローソン作り直しの10年 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個を動かす 新浪剛史ローソン作り直しの10年 その1:

« 糖質制限1カ月で4キロダイエット! | トップページ | 個を動かす 新浪剛史ローソン作り直しの10年 その2 »