« リブセンス その2 | トップページ | リブセンス その4 »

2012年10月31日 (水)

リブセンス その3

ではこの社長「村上太一」氏はいったいどんな方か?

一言でいえば「ごく普通の人」(失礼!)なのですね。
本当にどこでもいそうな若者です。

早稲田大卒ですので私の後輩ですね。
都内の中学校から推薦で名門「早稲田高等学院」へ。
昔は大学内で「高等学院」出身というと
結構「でかい顔」できたのですね。
最近では系列校が増えたので知りませんが・・・。

しかし付属ですから大学も無試験なのですね。
ということ受験勉強にそれほど苦労しなかった方です。
このあたり普通の学生とは違って余裕があったのでしょうか。

高校在学中から起業を決意しています。
でも高校在学中はテニスに熱中した「普通の高校生」でした。

ちょっと変わっていたのかなと感じたのは
高校2年生の時に、
「簿記」と「システムアドミニストレータ」の
勉強をしていることくらい。

でもこれは大事ですね。
簿記やパソコンの勉強をしておくと間違いなく経営に役立ちますね。

高校3年生の冬。
早稲田大学で、「ベンチャーコンテスト」があることを知ります。

これが彼にとって一大転機なのですね。
普通の高校生から「企業家」への一歩を早くも歩みだしたのですね。

でもそのとき彼が考えたのは

「アルバイトを探している人が、自分の希望する勤務地や条件などを
匿名で登録するサイト」

これでは、確かに学生さんが思いつきそうなアイデアです。
でも、よほどプレゼンがうまかったのか、
大学一年生の夏に、このビジネスモデルで、そのベンチャーコンテストで
優勝してしまうのですね。

その翌年2月に起業を決意。
まさに学生ベンチャーでね。

そんな簡単に起業なんかできないですよね。
事実予定通りいかなかった。
資本金300万。でもそううち半分は親が出したもの。

でも18歳の学生さんがビジネスなんて分かるはずがないと
思いませんか?
こういう言い方すると失礼かもしれませんが、
学生さんが「サークル感覚」で始めたような会社です。

しかし、すごいと思ったのは、それでもその翌年4月に
サイトを立ち上げてしまうのですね・・・。

« リブセンス その2 | トップページ | リブセンス その4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リブセンス その3:

« リブセンス その2 | トップページ | リブセンス その4 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31