« リブセンス その1 | トップページ | リブセンス その3 »

2012年10月30日 (火)

リブセンス その2

ではこの社長の考え出されたビジネスモデルを、
まずご紹介しましょう。
成功報酬型のリクルートサイト = 『ジョブセンス』 です。

Jobsense_2


例えばラーメン屋さんがアルバイトを探しているとします。
その場合、ラーメン屋さんがこの求人サイトに入って
登録するだけでいいのです。実に簡単ですね。
ここで大事なのは、まったく「無料」なのですね。

アルバイトを探している方が、そのラーメン屋に応募して
それが決定すると、そのラーメン屋さんはジョブセンスに
「成功報酬」として求人広告料を支払う仕組みです。
ラーメン屋さんとしては、求人が成立した段階まで
何も支払わなくてよいのですから、実にリーズナブルですね。

ここでポイントは、アルバイトの方は、なんとジョブセンスから
「お祝い金」として最大2万円も!もらえるのですね。

簡単にいえばこんな仕組みです。
このビジネスモデルを若干二十歳そこそこの若者が
考えついたから上場できたのです。

今までの求人システムとは、
「コペルニクス的」発想の転換なのですね。

「どうしてこんな仕組みくらい考えられなかったのだろう?」

不思議に思いませんか?
私はここで、残念ながら倒産してしまった求人広告の会社、
「ワイキューブ」を思い出しました。こちら
リクルート出身の方は今や数多く活躍されていますが、
既存の発想では、こんなことはまったく思いつかないのでしょうね。

求人広告の会社は,ラーメン屋からどうやっておカネを
取ろうとしか考えなかったからのです。
だから「決まっても決まらなくても」求人広告料を
キッチリ徴収していたのですね。

例えば、今までも求人サイトは数多くあった思います。
でも、サイトに登録するだけでカネを取られたり、
求人の応募があっただけでも、課金されたりする仕組みで、
ラーメン屋さんとしては不満だったのでしょうね。


ではこの「お祝い金」のシステムはどうか?
この本のおかげでこんな面白い仕組みを知りましたけど、
よくよく考えてみたら、結局こういうことなのでしょう。


アルバイトが決まっても、ラーメン屋さんが「決まりました!」って
報告しなければ、求人広告料を払わなくても
よくなるからなのでしょうね。

だから、想像するにアルバイトに
「決まらなかったってジョブセンスに言っておけ!」
そう言って採用すればいい・・・。
そんな「不正をする」ラーメン屋さんも結構あったのかもしれません。

だからアルバイトに、直接手渡す仕組みがあれば
アルバイトから必ずジョブセンスに必ず報告しますからね。
確かに面白い仕組みを考え付いたと思いませんか?
しかも、アルバイトを探す側としては、お祝い金があるのとないのなら
あるほうから探しますよね。当然アクセスも殺到する・・・。


でもラーメン屋が
「お前に2万円お祝い金やるからジョブセンスに黙っておけ!」
とはならないのでしょうかね・・・・?

(すいません。すぐこういうことをつい考えてしまいます・・・)

« リブセンス その1 | トップページ | リブセンス その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リブセンス その2:

« リブセンス その1 | トップページ | リブセンス その3 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31