« 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その1 | トップページ | 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その3 »

2012年10月17日 (水)

日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その2

ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は禁止


これは驚きですね。
「ホウレンソウが会社を強くする」みたいな本を
良く見ますからね。
経営コンサルタントが聞いたら怒りそうなお話です。

社員が上司に対して「報告も連絡も相談もなく」勝手に、
自由に仕事ができるのですね。

日本の大企業の特徴的な構造、
「指示をする上司と指示を受ける部下」
この伝統的な構造、つまりこの「組織力」を
すべて否定しているのです。
未来工業はこれで、うまく回っているのです。


それはどうしてか?
知りたくなりますよね。
「こんな会社ありうるのか?」

私も最初そう思いましたが、これは山田氏のまさに「経営哲学」
そのものなのでしょうね。

社長のこの経営哲学はどの本にも書いてあります。
簡単に言うと、
「社長の仕事は戦略を練ることで、社員は戦術を考えること」
これを何度も言っています。

「戦略と戦術の違い」をより効果的にするために
ホウレンソウを禁止しているのですね。
これは何度も読み返してよく分かりました。


では、どういうことかというと、
山田経営哲学でいう「戦略」とは
「社員にいかに頑張ってもらうかを考えること」なのです。
そのために社員にどんな「餅」を与えるかを考えることなのです。
その餅はこれから紹介していきます。

では「戦術」とは何か?
企業行動で一番大切な、「たくさん売りたい」、「高く売りたい」、
「いいものを作りたい」、「安く作りたい」、「いいものを買いたい」、
「安く買いたい」・・・
これこそ「戦術」であって
こういうことは現場にいる社員にすべて任せること、
社長は陣頭指揮なんてしないのです。

だからこそホウレンソウは禁止なのです。
お分かりになりますか?
これ考えれば考えるほど深い哲学だと私は思います・・・・。

« 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その1 | トップページ | 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その2:

« 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その1 | トップページ | 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その3 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31