« 荒川30キロマラソン | トップページ | 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その2 »

2012年10月16日 (火)

日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その1

最近マラソンや囲碁ネタばかりですね。
スポーツの秋ですからね。
でも「読書の秋」でもあるのです。

もう書評もかなり溜まってしまいました。
お勧めの本もご紹介していきましょう。

Nihonniti


岐阜県にある「未来工業」という会社をご存知ですか?
テレビのカンブリア宮殿など数々の番組で取り上げられている
かなり有名な会社ですね。
「長引く不況を脱ずるための処方箋」とか
まさに「未来の中小企業のあるべき姿」など
かなり持ち上げられて報道されていますね。
創業者山田昭男さんが、本当に「名物社長」なのですね。
(現在は相談役)
テレビで見て

「こんな会社あるの?」

「本当にあるのなら働きたい!」

結構皆がそう思うでしょうね。
事実私もそう思いました。
例えば

「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は禁止」

「残業や営業のノルマ禁止」

「定年は70歳」

「休みは有給休暇をのぞいて140日」

・・・

もうこんな驚くべきことを数えれば切がないのですね。
正直信じられなかったのですね。
今まで経営コンサルタント言っていたことの
「真逆の」ことを言っているからです。

実は、この本は「パル出版」から出版されたものです。
私がかつて出版したことのある愛着のある出版社なので
選びましたが、実は他に類書がたくさんあります。

それをすべて買い込んで、この未来工業を研究してみました。
この会社は実は上場企業なのですね。
ですので、EDINETを通じてこの決算書はいくらでも
手に入るのです。こちら

よくこれもアップしますが、上場企業の決算書にも
学ぶべきところが多いのですよ。


秋の夜長、じっくりこの会社のことを考えてみませんか・・・。

« 荒川30キロマラソン | トップページ | 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その1:

« 荒川30キロマラソン | トップページ | 日本一社員がしあわせな会社のへんな“きまり” その2 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29