« 碁会所経営学 | トップページ | 人口減少問題と情報革命(産業革命?) その1 »

2012年8月29日 (水)

碁会所経営学(つづき)

また昨日つい筆を滑らせてしまいましたね。

「碁会所のビジネスモデルはもう成り立たない」

こうハッキリ言ってしまいました。
ではなぜ碁会所がダメなのか、「経営学的に」もう少し突っ込みましょうか。

新宿駅徒歩2分。仮に家賃が40万円(坪2万円で20坪)
碁盤が20面の碁会所の経営とします。
ちょうど今月閉店する某碁会所をイメージしています。

ここですぐ引き合いに出すのが、「サイゼリヤ理論」!
もう私の熱心なブログファン?の方ならお分かりですね。

Keirihaibunn


「家賃は粗利の2割に抑える!」

これが飲食店をチェーン展開するには鉄則でしたね。
新宿駅徒歩2分なら飲食店が可能な立地です。
事実回りは飲食店ばかりですね。
では徒歩2分の好立地で飲食店を経営したとすると
いくら売上が必要でしょう?

もうすぐわかりますね。
40万円が粗利の2割に該当するとすると粗利は200万!
原価率を4割とすると売り上げは500万必要なのでしたね。
そうすると日商は20万くらいは必要とすぐ分かります。

でも実際は普通の飲食店なら、この数字はキツイはずです。
実際は大資本の飲食店のチェーンが競いあっている激戦区ですね・・・。

ではこれを参考にここで「碁会所」を開いたら・・・?
碁会所は物を売る訳でないので、「売上=粗利」です。
「サイゼリヤ理論」からいうと、売上は月200万必要となります。

でも一人1000円しか席料が取れない碁会所ではとても無理でしょう。
碁盤が20面ですから、マックス40人。仮に土日は満席になっても
それ以外の平日の稼働率は極端に落ちます。
平日の稼働率が25%、つまり10人くらいの来場者とすると、
月間40人×10日(土日)+10人×20日(平日)=600人
1000円×600人で月商60万になりますが、200万はとても無理でしょうね。

おまけに人件費や水道光熱費、経費を考えたら、とても採算は合わないでしょうね。
席料を2000円くらいにしないとやっていけませんが
相場的に高すぎて客は来なくなるでしょうね・・・。


真面目に考えると、永年の囲碁ファンとしてはちょっと寂しいお話でした・・・。

« 碁会所経営学 | トップページ | 人口減少問題と情報革命(産業革命?) その1 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/55532624

この記事へのトラックバック一覧です: 碁会所経営学(つづき):

« 碁会所経営学 | トップページ | 人口減少問題と情報革命(産業革命?) その1 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31