« どうした?野村証券! | トップページ | 囲碁公開対局 その2 »

2012年7月 2日 (月)

囲碁公開対局 その1

週末に囲碁のお楽しみの会がありました。
その懇親会で言われたこと。

「ブログよく見るのですが、いつもマラソンの話ばかりですね。」

そう初めて言われてしまって、ちょっと反省しました。
少しマラソンに力が入りすぎですね。
囲碁歴40年の自慢のお話をもっとアップしなければ
なりませんね。
マラソンでいえば、
「インターハイ選手で、かつサブスリー選手!?」なのですから・・・。

まず、私の所属している囲碁の会のことをご紹介しましょう。
もちろん、税理士会の囲碁部には入っているのですが、
アマの勉強会にも所属しているのです。
マラソンでいえば「走友会」みたいなものですね。

あまり教えたくないのですが、私が長年通っている会があります。
「風鈴会」といって、新宿の碁会所で、週末月に2回
(非公式をいれると3回)開催されています。

Huurinkai


主催は、鈴木伊佐男先生。日本棋院7段の本当のプロです。
写真(左側)の通りお若い、しかも見た目通り優しい先生です。
(隣は私の碁敵のT田さん、なかなか強い。
酒飲むともっと強くなる風鈴会のあぶさん)

毎回碁の愛好家が20、30人集まり、そのうち級位者や初心者の方もいますが、
強い人は県大会代表クラスまで。
最近は大学囲碁部で鳴らした猛者も結構います。


碁会の仕組みが面白いのです。
最初1時間30分ほど鈴木プロの講義のあと、実践です。
これも時計を使って持ち時間一人45分。
時間的にだいたい2局くらいしか打てないのですが、
時計を使って真剣に打つのは棋力向上には良いのですね。
しかも三連勝すると「昇段」するのですが、
逆に三局続けて負けると「降段」してしまう厳しいルール。
それだけ皆真剣に打っているみたいです。


この会にお世話になって10年近くになりますが、
おかげで少し強くなった気がしております。
(こんなこと書くとクレームがくるかな??)


実はその会が週末に行なわれ、イベントで
なんと私が公開対局を打つことになりました。
相手は、この風鈴会の師範代である中村欽也氏。
会では普段8段格。
かつて東京代表にもなったこともある(らしい)アマ強豪。
通常私は「2子」置く相手なのですが、(つまり2目の差)
でも4、5局に一回勝てるかどうかの手合い。
ということで「3子で6目の逆コミ」というハンデになりました。
公開対局なんて高校選手権の決勝戦以来ですか。
でも3子も置くのですから、もう負けられませんね。


日本棋院のサイトから、独自にソフトもダウンロードしましたので
今週は、囲碁のかなりマニアックなブログにしてみましょう!

« どうした?野村証券! | トップページ | 囲碁公開対局 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/55101730

この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁公開対局 その1:

« どうした?野村証券! | トップページ | 囲碁公開対局 その2 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31