« 国税局との囲碁の対抗戦 | トップページ | 勝ち続ける経営(原田泳幸著)その1 »

2012年4月24日 (火)

ちばアクアラインマラソンに「誤」当選!

先週末にテレビ、新聞報道されていたのでご存知の方も多いでしょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
吉田 信康 様

 この度は、スポーツエントリーをご利用頂き、誠にありがとうございます。
仮申込みいただいておりました下記の大会につきまして、
抽選の結果あなたは当選いたしました。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

実は私にもこの「当選」メールが来ていたのです。
「5月10日締切りなのに間違いかな?」
思わずマラソン仲間数人にメールしてから、
facebookにもアップししまいました。

Facebookの即効性はすごいですね。
すぐ「間違いらしいよ」との書き込み。


せっかくの第一回の記念大会に水を差してしまいましたね。
森田健作知事も怒り心頭でしょう。


しかし、7月ごろ当選発表なのにどうして今頃に
テストメールなんかしますかね?
このエントリーを請け負っていたのはS社なのですね。
初めて利用しましたが、S社の信用は失墜したでしょうね。
いつもマラソンにエントリーするのは有名なA社だけですから。

マラソンのエントリーには、住所氏名だけでなく生年月日や
走歴など個人情報も、かなり入力するのです。
システムを信用するからこそ、ネット申し込みが可能なのですね。

「もし個人情報も誤送信されたら・・・」

と思いませんかね。
すぐ謝りメールだけでなく、電話も日曜日にかかってきました。
担当者も平謝りでしたが・・。

あり得ないミスなのでしょうね。
個人的には二度とS社からエントリーしないかもしれません。


私も今月からメルマガを始めましたが、そのシステムも勉強しました。
登録されたエクセルのアドレスを読みこむだけで
簡単に一斉送信できるのですね。

一斉送信の前にテストメールが送られてきてから確認できるのです。
それが「誤って」とは信じられないミスなのでしょう。


ビジネスの世界では今やネット全盛です。
電話連絡よりメールの方がはるかに確実で簡単です。

私もネットを使いだして10数年。送信時にはかなり気を使います。
税理士として大事な個人情報をやり取りすることも
頻繁にありますから。

「他山の石」として、心すべき出来事だったのではないでしょうか。

« 国税局との囲碁の対抗戦 | トップページ | 勝ち続ける経営(原田泳幸著)その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/54547688

この記事へのトラックバック一覧です: ちばアクアラインマラソンに「誤」当選!:

« 国税局との囲碁の対抗戦 | トップページ | 勝ち続ける経営(原田泳幸著)その1 »