« おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ その8 | トップページ | グリーンリボン・ランニング・フェスティバル »

2011年10月21日 (金)

おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ その9

がんばれ!サイゼリヤ!


たかだか200ページほどの本なのですが
著書のポリシーがぎっしり詰まった本です。
熱く語りすぎていたら「その9」まできてしまいましたね。
まだまだご紹介したいことはたくさんあるのですが、
これ以上語りすぎると「著作権」の侵害になるでしょうか?


では最後に、一つだけご紹介する「サイゼリヤの秘密」
それはまだ18店舗しかなかった今から23年ほど前の1988年。
著者の正垣会長はすばらしい行動に出ます。
それは、福島県西白河郡東村(現在の白河市)に「サイゼリヤ農場」を
作ったのですね。
なぜ白河市だったかというと、食材やワインの産地として知られる
イタリア・ピエモンテ州と同じ緯度にあったからだそうです。
店舗で提供する野菜の4割を作って、国内860店舗まで急拡大させた
その源泉になったことは間違いなさそうです。
18店舗の当時、
「いずれ1000店舗になる!」
といって契約農家を増やしていったのですね。


「サイゼリヤ理論」の原価を4割!という主張を考えたら
自ら生産過程まで踏み込むことで、理想的な原価率になるのは
間違いないですからね。
外食産業として実に画期的な作戦でした。


ただ、ご承知の通り、東日本大震災の影響を受けて、福島県の農業は大打撃を
受けてしまいます。
今後の福島原発の放射能漏れなど何らかの影響はあるのかもしれません。

でもこうやって福島の農業の発展に長年寄与されてきた企業があるのかと思い
サイゼリヤに対する考え方も新たにすることができましたね。

この正垣会長は、こんな大震災なんかでは、絶対へこたれない潜在的なパワーを
感じます。
福島県の農業復興のためガンバって欲しいと心から思います。


ガンバレ日本! ガンバレ!サイゼリヤ!!

一度ペペロンチーノ(299円)でも食べてみてください。


(ガンバレ!サイゼリヤシリーズおしまい)

« おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ その8 | トップページ | グリーンリボン・ランニング・フェスティバル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ その8 | トップページ | グリーンリボン・ランニング・フェスティバル »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31