« 電子申告の進化形 | トップページ | お値段以上 ニトリ »

2011年7月11日 (月)

電子申告の進化形 その2


税理士は税務署の「出先機関」ではないので、
ここあたりでハッキリ申し上げておきましょう。

もちろん電子申告で税務行政がより効率化していくことには
大賛成です。
もっといえば、これにより税務署側の合理化が進み、
税務署内のリストラが進むことを望みます。(マスイか?言い過ぎ?)

でも電子申告は何のためにあるのか?という哲学的な?
疑問もあると思います。
多額の税金(数千億?)を使って構築している以上、
やはり「納税者」つまり国民の利便性が飛躍的に向上しなければ
意味がないと思うのです。

先日来申し上げてきた「ノートク」の納期限が本日です。
今日、銀行や郵便局に並んで納める方も多いでしょう。
今日は、労働保険の納期限でもあるので必ず混むはずです。

「何とかならないの?」
と大行列を前に今日は誰でも思うのでしょうね。

電子申告は普及し出してきたものの、電子納税はどうなのでしょうか?
これはこれからの日本を考えた時に重要な問題だと思うのですね。

大震災から早くも4ヶ月が過ぎ、被災地でもなかなか進まない復旧状態に
世論も高まってきています。
きっと消費税を増税して、復旧財源に充てざるを得ないのでしょう。

でも消費税が5%なら払えた企業が、10%もしくは8%になったとき
滞納が急増することは十分予想されます。
ご存知でしょうか。消費税の滞納率は、所得税や法人税よりはるかに
高いのですね「。

「日本復興」という美談のもとに、消費税の滞納に苦しめられる企業が
急増するのでしょう。
そうならないように、消費税の毎月納付制度など、徴収制度の変更が
必要ではないでしょうか。

特に売上1000万を少し越えるくらいの個人事業者の方々は
本当に苦しめられると思うのです。

この電子申告と電子納税で、もっと簡単に納税できる仕組みを考えないと
本当の意味で日本は復興できないと私は思うのです・・・。

« 電子申告の進化形 | トップページ | お値段以上 ニトリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/53590763

この記事へのトラックバック一覧です: 電子申告の進化形 その2:

« 電子申告の進化形 | トップページ | お値段以上 ニトリ »