« 日本復興計画(大前研一著) その4 | トップページ | 東京都「災害緊急融資」取扱開始! »

2011年5月20日 (金)

日本復興計画(大前研一著) その5

「日本は20年間、所得が減り続けている世界唯一の先進国」

これを知っていただきたいことが、この本をご紹介した
最大の理由でした。
まずそのことを理解した上で、日本の復興を考えるべしと
大前氏は言っています。

本当にそれを知らない方も多いのではないでしょうか。
世界の中で日本だけが20年間貧乏になり続けているのですね。
この20年間の国民全体の家計所得を見ると、日本はなんと
マイナスの12%なのです。
フランス、イギリス、アメリカはこの間に2~2.5倍にも
なっているのにです。
新興国いったっては10倍くらいにはなっているそうです。

日本の復興計画を考える前になぜ日本だけが減ったかを
理解しなければならないのです。

20年前くらい、都心から80分で6000万円のマンションが
飛ぶように売れました。
それに飛びついた私の年代の方々(40~50台)も多いです。
でもそれが、いまや半値になっています。
しかもローンもいまだ5000万円も残っている。

働き盛りでいながら、リストラで収入ダウンで
家計に教育費とこのローンが重くのしかかっている・・・。
消費が伸びないのも当然ですね。

こういった「債務超過」になっている人が日本では700万人も
いるそうです。それがまさに私と同年代の働き盛り・・・。
その他いろいろあるそうです。(詳しくは読んで考えてください)


ではどうしたら良いかを最後に、大前氏の結論を
ご紹介しておきましょう。

「政治家に頼ってはいけない。政府に頼ってもいけない。
国がなんとかしてくれないこともすでに明らかだ。
自分自身だけが頼みの綱と覚悟を決める。」

なるほど!と思いました。
実は日本復興というのは、東北のお話だけではないのですね。
自分自身の「復興」でもあるのです。

それにはどうすべきか!非常に良いことを言っています。
この言葉を噛み締めていただいた上で、
ぜひ自分自身の復興計画を考えてください。


「世界のどこにでも出かけていっても稼ぐぞ、
というメンタリティが持てるかどうか。」


(東北の復興を心から祈りつつ、大前シリーズ おしまい)

« 日本復興計画(大前研一著) その4 | トップページ | 東京都「災害緊急融資」取扱開始! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本復興計画(大前研一著) その5:

« 日本復興計画(大前研一著) その4 | トップページ | 東京都「災害緊急融資」取扱開始! »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31