« 確定申告の楽しみ | トップページ | グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた(2) »

2011年2月14日 (月)

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた(1)  

確定申告で本当に慌しいのですね。もうチョコレートももらう暇もない?
でも、「忙しいから、時間がないから」といって、
まったく本も読まないのもいけないですね。
先に言い訳を言わず、頑張りたくなる本をご紹介しましょう。

Photo_167

週刊誌で成毛さんの書評を読んでから気になっていた本でした。
「私と正反対の行き方をした方で・・・」
こう評していたからです。
「何が間逆なんだろう?どんな人だろう?」とつい本を買ってしまいました。

著者の辻野氏は1957年生まれ。私より3年先輩。
慶應の在学中にイリノイ大学に留学し、慶應の大学院で
工学を学んでからソニーに入社します。
ですので私と同じ1984年入社。
しかも社内留学制度でまたカルフォルニア工科大学に留学し
マスターを取得されたなかなか優秀な方のようです。

そんな優秀な方がなぜソニーを辞めたかという理由が
前半延々と続きます。

なんだ私の好きな「脱サラの本」かと、妙に納得します。
グーグルの社長にヘットハンティングされたらから
ソニーを辞めたのではないと正直に書いているところが
非常に好感持てます。
「入社当初毎日『SONY』の看板を見るのが楽しみだった。」、
また「さらば愛するソニー」なんて書くあたり
「愛社精神」の塊のような方です。
退職後一人で傷心旅行に出て、
その後職安にも通ったなどの箇所を読むと
何故か泣けます。


実際に22年も大企業に勤めてから脱サラするのは
大変なのでしょうね。
本当はこの方はソニーを辞めたくなかったのだろうと
容易に想像がつきます。

脱サラ心理学というのでしょうか。
愛社精神を持っていたつもりが、
会社の態度が急に変わって戸惑っている方。
そんな方が会社を辞めたくなった時に
読むべき本かもしれませんね。
私も真似して

「税理士で必要なことは、みんな野村證券が教えてくれた」

まあ、こんな本は私は間違っても書かないですけどね・・・。

« 確定申告の楽しみ | トップページ | グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた(2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 確定申告の楽しみ | トップページ | グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた(2) »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31