« 板橋リバーサイドハーフマラソン | トップページ | 「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その4 »

2010年12月 7日 (火)

「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その3

まだ続きます。「はとバス」ネタ。
やはりV字回復して欲しい会社のために書き続けます。

この本で一番感動したお話。
この人本当に役人出身なの?と思ったところです。

社長になってすぐ
「組織を逆ピラミッドにする」
これを、はとバスでまず打ち出したのですね。
普通の会社組織では社長がトップですよね。
それからピラミッドが始まっています。
一番下が平社員ということなのでしょうか。
社長の命令一つで全体が動く仕組みですよね。
日頃中小企業と接している税理士としては
至極当たり前のお話なのです。
ワンマン経営者ならそれが鋭角!なっています。
それを「コペルニクス的に」まずひっくり返したのです。

では一番上は誰になるか?
お分かりになりますか?
図で書くとこうなります。

Photo_127


一番上は当然「お客さま」ですね。
そのすぐ下がバスの乗務員です。
はとバスの組織で一番お客様に接している乗務員を大事にした。
「社長は一番下だよ」とトップ自らが言い出したのですね。
もちろん全社員への発想の転換を促したのですね。


驚いたのは、この方はそもそも都庁時代から
こんなこと言っていたのですね。

都庁の交通局で働いていた際に
こういっていたのです。
「知事ではなくお客様をみろ!」

「お客さまあっての都営交通だ!」
「我々の給料はお客さまからいただいているのだ!」

「役人らしくない」どころか
「都庁からはみ出た異端児」
とまで言われたそうです。
そんなこと絶対にいえないですよね。

石原新太郎さんに対してこんなこと言えますかね。
本当に次の都知事になっていただきたいものですね・・・。


« 板橋リバーサイドハーフマラソン | トップページ | 「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その3:

« 板橋リバーサイドハーフマラソン | トップページ | 「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その4 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29