« 続・志のみ持参(上甲晃) その4 | トップページ | 日本一の変人経営者(宗次徳二著) その1 »

2010年9月 6日 (月)

「歓走」を目指す!

今年1月にマラソンデビューをしてもう6回ほど出場をしています。
ただ残念ながら、ビギナーランラーとして、その記録は人に
お見せするほどのものでもないです・・・。

でもそのマラソンの効果かもしれませんが、先日の人間ドックの判定で
初めて、「オールA」判定が出ました!

個人情報そのものなので、これも詳細データはもちろんアップしません。
でもうれしさのあまり少し公表(自慢?)しましょう。

まず体重が昨年より2キロほど減りました。
これは間違いなくマラソンの効果なのですね。
ただよく、「ダイエット目的で」マラソンを始めると
挫折すると聞いていました。
ダイエットが目的でなく、マラソンをやった結果として体重が
減ったのですね。これは確かな効果です。
走りながらいつも思うのですが、普段使わない筋肉を酷使することにより、
身体の中の老廃物や脂が流れ出ているのではないかと
実感できるのですね。
以前、ジムに通ってダイエットしようとして挫折した経験がありますが
今度こそダイエット効果を確信しました。


それと体重以外に、身体の数値がかなり良くなっているのです。
肝機能の数値γGDPが初めて正常値である70を切り、
また脂質の数値もかなり下がったのです。
実はここ数年の不摂生からでしょうか、自慢ではないですが
この数値はかなり高かったのです。


健康のために走る人が増えているのは納得できますね。
マラソンに速さなどどうでもいいではないでしょうか!

フルマラソンで3時間を切る人を「サブ・スリー」といい
4時間切る人を「サブ・フォー」といいます。
それを目標にマラソンを頑張っている人も多いです。
タイムを競うのもそれはいいのかもしれませんが
それを目指そうとすると本当に苦しいだけです。


先日マラソンの雑誌見ていたら、
「完走ではなく歓走を目指しています」
というランナーの記事が出ていました。

「これだ!」と思いましたね。

走りきることの「完走」は確かに目的かもしれませんが
健康に走れることの歓びを実感する「歓走」もいいですね。

楽しんで、歓んで走る「歓走」をやってみませんか?
私はこれを提言したいですね。

健康マラソンで、γGDPの正常値70を切ることを目標に!
どうでしょうか?

「サブ・セブンティ!」

« 続・志のみ持参(上甲晃) その4 | トップページ | 日本一の変人経営者(宗次徳二著) その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/53591135

この記事へのトラックバック一覧です: 「歓走」を目指す!:

« 続・志のみ持参(上甲晃) その4 | トップページ | 日本一の変人経営者(宗次徳二著) その1 »