« 私の独立開業日記 その1  | トップページ | 私の独立開業日記 その3 »

2010年3月 4日 (木)

私の独立開業日記 その2 

独立のモチベーション

いきなりショッキングなお話からスタートしてしまいましたかね。
でも独立のこのモチベーション(動機)は本当に重要なのですね。
それを分かっていただくためにあえて自分の経験談を
最初にご披露したまでです。
決して特定の人物や業界を批判している訳ではありません。
その独立のモチベーションについて「脱サラ評論家」として、
詳しくご説明してみましょうか。

私のように止むに止まれず独立した人。それこそリストラにでもあい
仕方なく独立した人も含まれるでしょう。
私なんかもこの業界でいわれる「官報リストラ」ですからね。
この最近の不況期、独立のご相談で多いタイプでもあります。
これをAランクの独立モチベーションとしましょうか。

このランクに所属する人は本当にやる気マンマンです。
「コンちくしょう!今に見ていろ!」という気概もあります。
こういう方々はお会いすると目の輝きが違います。

それと最近これも多いのですが、1、2年後独立しようと会社を
先に、しかも多くの場合が会社に内緒で作っておく方です。
今資本金1円でも簡単に会社が作れますからね。
これをCランクの独立モチベーションとしましょう。

となると多くの方がその中間のBランクとなります。
たいていは会社を退社後、数ヶ月間失業保険で食いつなぎながら
独立起業を夢見る方々です。
ここで失業保険のお話は法的に問題があるとご指摘を受けるでしょうか。
でもそういう方々の気持ちよく分かります。
よくあるご相談でもあります。
ただブログなんかでその問題をアップするのは控えておきましょうか・・・。

とだいたい3パターンに分類されるのですね。
お分かりの通り、ランクが上がるほど成功の度合いが高くなります。
やはりモチベーションは重要だと申し上げる次第です。


でも、これにも当てはまらない「潜在的な脱サラ予備軍」Dランクの方々も、
実は多いのですね。
こういう予備軍からのご相談もあります。
そういう方々は、現在はサラリーマンとしてそこそこの収入もあり、
キチンと仕事をされている方です。
でもなぜか現状に満足できなくて、勝間本やドラッガーを
読み漁っているような方々です。
こういう方々からご相談を受けると私は大抵は独立に反対します。
何故でしょうか。

脱サラや独立はあくまでも自分の意志でやるものだからです。
人から勧められたりアドバイスで決めるものでもないと思うのです。
漠然と「会社辞めたい」という現実逃避とは違うのです。
甘い考えの脱サラはあとで必ず後悔します。
よく聞く言葉ですが厳しい言葉を最後に送ります。

「自殺と脱サラは自分の意志で決めるもの・・・・」

« 私の独立開業日記 その1  | トップページ | 私の独立開業日記 その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の独立開業日記 その2 :

« 私の独立開業日記 その1  | トップページ | 私の独立開業日記 その3 »