« 囲碁と民主党幹事長 | トップページ | 小林VS江川 »

2010年1月19日 (火)

小沢さんと対局してみたい

昨日つい自慢話をしてしまいましたが、表現が多少まずかったでしょうか。

「小沢さんの囲碁の棋力はそれほど大したことはない」
と言っているのではありません。
20歳の井山名人に心からエールを送りたかった訳です。


今朝新聞で読みましたが、
医療現場を舞台にしたミステリー小説「チーム・バチスタの栄光」
で知られる作家で、医師の海堂尊さんのブログによって、
ある大学教授の名誉が傷つけられたとして
110万円の損害賠償の判決があったそうです。

怖いお話ですね。
ブログでも勝手なことは書けないのですね。
出版して活字になった訳ではないのに、パソコンからサーバーに
書き込んだだけでそんなことになるのですね。
多分、お医者さんの立場で特定の教授を告発するようなブログを
書いてしまったのがマズかったのでしょうね
ただ、海堂さんも「教授に個人的な恨みはない。司法の場でなく
学術の場で議論したかった。」
と弁明したそうです。

ブログ文化に警鐘を鳴らすような判決ですね。
私も自説「ブログ学」をよく勝手に書きます。
本当に固有名詞を書くときは気をつけているつもりですが、
受け取り方によっては不愉快になりますからね。

私も「小沢さんに個人的な恨みなどまったくありません。」
本当に「碁盤の上で」勝負したいだけなのです。

名人に三子と大変お強い方ですので、私が「先」(せん)くらいでしょうか。
(先とは1段差くらいということ)
ぜひお手合わせ願いたいですね。

小沢さん。白黒ハッキリつけましょう!
(この表現もまたマズイか・・・)

« 囲碁と民主党幹事長 | トップページ | 小林VS江川 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/53591446

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんと対局してみたい:

« 囲碁と民主党幹事長 | トップページ | 小林VS江川 »