« 10年後あなたの本棚に残るビジネス書 | トップページ | 飲食店の原価率 »

2009年4月 8日 (水)

新宿駅最後の小さなお店ベルク

昨日ご紹介した「ビジネス書100」なのですが、
私が単なる「へそ曲がり」かもしれませんが、
どうもお二人の紹介した100冊をすんなり受け入れられなかったのですね。
どうしてそうだったか後で書くとして
本の巻末に付録と書いてあった「全国カリスマ書店員」が語る一冊
の中からこの本を見つけました。

%E6%96%B0%E5%AE%BF%E9%A7%85%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF.jpg

ちょうどこれも昨日ニュースでやっていましたが、「2009年本屋大賞
というのもあるのですね。受賞作が必ず映画化される面白い賞が。
書店の方の選ぶ本というのは、きっと見る目が確かなのでしょう。

「ベルク」の本の副題が「個人店が生き残るには?」というので
これにつられて買ったのです。税理士という商売柄、性(さが)ですかね。
この本は本当に参考になります。私は本当に3度も読み返しました。

ところで、この「ベルク」という店どこにあるかご存知ですか?
新宿駅の東口の改札を出て、左にいくと「笑っていいとも」で有名な
アルタ」がありますね。
その行く途中の改札の近くにある「単なる立ち飲みコーヒー」なのです。
私も月に一回アルタ行くので (なぜ行くか。このお話はそのうち・・)
たまに「軽く腹ごしらえに」寄るため、よく知っていました。

「新宿駅改札から徒歩15秒で、そんな場所が良かったら誰でも成功するさ」
多分そういう人も必ず多くいるでしょう。
でもこの店主の経営哲学から大繁盛店を作り上げたと思います。

実は、この店主が私と早稲田の同級生で(当然会ったことないが)
もともと飲食関係はまったく素人の人でした。

それがなぜこれだけ流行っているのか、それを全て公開しています。
接客のノウハウから食材のコスト計算まで・・・。
「個人店が生き残るには?」
という回答を知りたいがために、むさぼるように読みました。
要するに「スターバックス」や「ドトール」とはまったく違った経営術なのです。

これは個人経営者必見の本ですね。
ウソだと思ったら、一度500円の
コーヒー付きホットドック
注文してみてください。きっとご納得いただけます・・・。ウマッ!!

« 10年後あなたの本棚に残るビジネス書 | トップページ | 飲食店の原価率 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿駅最後の小さなお店ベルク:

« 10年後あなたの本棚に残るビジネス書 | トップページ | 飲食店の原価率 »