« かばんの真実 その30 | トップページ | 税理士は「後ろ向き」の人種 その2 »

2008年10月27日 (月)

税理士は「後ろ向き」の人種 その1

この世界的な金融経済の破綻
そして株価大暴落の際に、いつまでも昔のバブル時代のお話を
続けていたら、なんて「KY」な税理士と思われてしまうかもしれませんね。

こんな大事な局面の時こそ、少しカバンのお話をお休みにして、
これからのことを話してみましょうか。
ただ、ここで私が金融経済のお話をしても、また誰も読まないでしょうから、
軽くこの業界の裏話をしておきましょう。

まず「これからのお話」という意味当然お分かりになりますね。
「これだけ株が大暴落したら、株は買い時だろうか?」
「これだけ株が大暴落したら、私の株はどうしたらよいの?」
「為替がこれだけ円高になったら、輸出産業はどうなる?日本経済はどうなる?」
などなど、普通の常識的な感覚をお持ちの方なら
皆誰でも心配に思うはずなのですね。
でも、「この業界方々」はどうもこういうお話に無頓着なのですね。
苦手といっていいのでしょうか。

これは私自身永年疑問に思っていたのですが(!?)、
税理士の集まりに参加して、経済の議論や、株価の動向など
まったくといっていいほど話題になりません。

ではどうしてでしょうか?
こういう(また過激な)ことをいう税理士は私くらいかもしれませんが、
解説してみましょう。

理由は、
この業界の人々は本当に「後ろ向き」 (!?)の人種だからなのです!

« かばんの真実 その30 | トップページ | 税理士は「後ろ向き」の人種 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 税理士は「後ろ向き」の人種 その1:

« かばんの真実 その30 | トップページ | 税理士は「後ろ向き」の人種 その2 »