« NHKドラマ「税理士法人」その1   | トップページ | NHKドラマ「税理士法人」その3 »

2008年7月14日 (月)

NHKドラマ「税理士法人」その2

若き調査官は大企業の税務調査で、
巨額脱税を見つける。
大企業の経理幹部は政治家や国税OBを使って
そのもみ消し工作をしていく。
若き調査官は「厳格調査」を推し進め、
税務署の上司のいうことを一切聞かない。
税務調査の現場
その主人公は「税理士とは」という哲学的な問題に悩んでいく。

やがて巨額脱税がマスコミにリークされ、それをきっかけに
その企業は破綻し、その過程で税務署国税OBからも
逮捕者が出てくる。
ついには国税庁の解体や税理士法改正につながっていく・・。

その若き調査官は税務署を辞め、税理士となる。
その主人公とともに税理士法人を立ち上げ、
理想の税理士像を求めていく。
その税理士法人の名は「エスペランサ税理士法人」
エスペランサとはポルトガル語で希望という意味・・・。

どうでしょうか?
(もちろんフィクションです。)

« NHKドラマ「税理士法人」その1   | トップページ | NHKドラマ「税理士法人」その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKドラマ「税理士法人」その2:

« NHKドラマ「税理士法人」その1   | トップページ | NHKドラマ「税理士法人」その3 »