« NHKドラマ「監査法人」その2 | トップページ | 生まれ変わっても会計士になりたい »

2008年7月24日 (木)

NHKドラマ「監査法人」その3

突っ込みばかりでは
そのあたりの売れない漫才師みたいなので
少しフォロー(ボケ?)もしておきましょう。
業界人として感動したお話です。

粉飾で逮捕された監査法人の理事長が
検察官に取調べを受けた場面で、その検察官に
「キミはこれまでの日本経済を支えてきたのが
監査法人だと思ったことはないかね。」
と毅然とした態度で反論したセリフです。
「そんな風に思って会計士は仕事をしているのか。」
正直うらやましくも思いました。

「日本の中小企業を支えているのは税理士だ。」
というセリフはこの業界で今まで聞いたことがないですからね。
こんなセリフを自信持って言えるくらいの方が
税理士会のトップにいて欲しいですね。

何十周年という業界内のつまらない行事を主催し
記念ゴルフや仲間内の飲み会ばかりをやってないで、
日本の中小企業を支えるためにどうすべきか
という議論をもっと真剣にして欲しいです。(これはボケです)

新ドラマ「税理士法人」ではそんな夢を描いてみたいですね。

« NHKドラマ「監査法人」その2 | トップページ | 生まれ変わっても会計士になりたい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKドラマ「監査法人」その3:

« NHKドラマ「監査法人」その2 | トップページ | 生まれ変わっても会計士になりたい »