2019年8月20日 (火)

税のタブー その3

Photo_20190820091701


「必要経費」の箇所も非常に勉強になりましたね。
私が税理士となって20年以上。
試験勉強でイヤというほど所得税を勉強させられてから
もう25年も経ってしまいましたからね。
税の考え方も日々変わってきているのです。
「必要経費」とは文字通り「経費として必要かどうか?」
つまり、経費として落ちるかどうか?
これは税理士としての腕の見せ所ですからね。


写真は本編とはまったく関係ありませんが、
NHKの今やっている面白いドラマ・・・。

例えば、
1. 弁護士個人が支払ったロータリークラブ会費
2. 不動産業者が仲間と行ったゴルフ代
3. 作家が小説の舞台にした場所への旅費

こういうものが経費として認められるでしょうか?
難しいので説明は割愛しますが、
実は多くの税務署がこれら経費を認めなかったなのです。

つまり、今までの「税務署の伝統的な考え方」は、

「こうした支出がその人の事業と直接関係があるかどうかを
重視して、非常に限定的にしか経費性を認めなかった」

のです。

ところが、日弁連の副会長の弁護士が、税務署と最高裁まで争った
有名な裁判があるのです。

日弁連の副会長に立候補するための経費と、副会長になったために
マスコミ等との懇親会費用を税務署は認めなかったのです。
つまり、従来の考え方から、弁護士として売上に結び付くものでなく、
直接的には関係がないから経費として認めないと判断されてきたのです。
この裁判が最高裁まで争われて確定したのが平成26年1月17日。
つい最近なのですね。

「事業の業務と直接関係を持つことを求めると解釈する根拠は
見当たらず、『直接』という文言の意味も明らかではない」

と最高裁判所も判断したのです。
つまり、
「従来の税務署の狭い解釈は間違っていたと最高裁も認めた」
のです。


この判決によって必要経費の考え方がガラッと変わったのです。
NHKではないですが、今まで落ちなかったものが
「これは経費で落ちる」のです・・・・。

おかげさまで頭にこびりついたサビがが落ち、
シャープな切れ味になった気がしています・・・。

 

 

2019年8月19日 (月)

よこはま月例

Dsc_9203

 

久し振りのよこはま月例参戦ですね。
この日ご存知のように、台風一過で「今年最高気温予想」。
正直普通なら「走ってはいけない日」なのですね。

でも何となく炎天下を見ると走りたくなるのです・・・!??
勢い込んで、開場到着。
この日もこんな天気でも走ろうとする「ちょっと変わった」ランナーで
ごった返していました。

しかし、悲しいお知らせ。
すべてのコースで距離短縮が発表されていました。
実はよこはま月例マラソンは、
WBGT(Wet Bulb Clobe Temperature湿球黒球温度)で
計測して熱中症予防をしているのですね。
何だか計算式がよく分からないですが、この数値で28度を
超えると危険数値なんだそうです。
そのため、
3キロの部は1キロに
5キロの部は3キロに
10キロ部は3キロに
全て短縮なのです。(20キロの部は夏場は中止)
よって、今日は1キロが1回と3キロが3回まで。
合計10キロで最長距離。

生まれて初めて1キロ走をやってみました。
「4分台では走れるか・・・」
そう思っていたのですが、やはり暑い!
汗がどっと噴き出ます。
5000メートルの折り返しまでは良かったのですが、
それでもキツイ。
結局5分51秒。
まあこんなもんですが。
1キロだけ走っただけで全身汗まみれ。

次の3キロの部。
走ってすぐだから、何だかインターバルトレーニングみたいですね。

3キロとなると参加者が多く、大混雑。
今日はタイムを争う日ではないですからね。
最初に1キロは5分45秒。
結構キツイ。
折り返してすぐ給水所。補給してものどが渇きます・・・。
給水の後からがキツカッタ。
2キロ5分54秒。

たかが3キロでもその先が長い・・・。
結局3キロで18分16秒。
もうふらふら・・・。

次の3キロの部。再度挑戦。
たっぷり水分補給してからスタート。
1キロ。6分24秒。
もう飛ばしません。
6分半ペースでゆっくり。
それでもかなり暑い。
折り返して2キロ。6分22秒。

さっきはこことからガクッとなりましたが、
ここから踏ん張ります。
最後の1キロは6分半ペースをキープ。

結局3キロ19分18秒。
まあこんなもんです・・・。
しかし、ゴール後汗が止まらず、結局最後の3キロはパス。
酷暑の中、なかなか良い練習でした・・・。

 

2019年8月16日 (金)

税のタブー その2

次に政治家のお話。
そもそも政治家は年間約2200万円もの歳費を受けながら、
非課税の文書通信交通滞在費1200万円、これも非課税の
立法事務費780万円ももらえる訳で、これだけで年間6880万円!
これに政党交付金が一人4000万円!ということは
年間1億円もらっていても、課税されるのは歳費のみ。
「これはおかしい!」
と三木先生は実に手厳しい。

しかも、「政務活動費と称するセイカツ費」のカネの使い方が
常に問題になりますね。


面白い判決が今年5月に出ていたのですね。
千代田区で起きた「政務活動費の返還訴訟」ですが、
政治家のタクシー代の不正利用が明らかになったそうです。
今ではタクシー代の領収書にはGPSコードが印字されているため、
これで簡単にバレたんだそうです・・・。

Gps


知らなかったのですが、GPSコードが印字されていると
下車した場所が特定できるのです・・・。

 

こんな小さなお話は良いとして、大事なのは政治団体に対する課税。
これまさに「タブー」のお話です。
「ここまで書いていいのか!」と一番面白かったところ。

 

政治団体は、平成6年に、「政党交付金を受ける」ために、
法人格が認められました。
何と、昨日ご紹介した「公益法人」なのですね。
ご説明したように、「収益事業のみ」が課税されるのです。

でもその「収益事業の範囲」が問題であると。
政党が行う「パーティ開催費用」は、「収益事業に該当しない」
そうです。
「あれ!おかしいな??」
そう思いますよね。
昨日書いた
「宗教法人の神前結婚式は課税されませんが、挙式の後の披露宴は
課税されます。」
それとは違うのです。

しかし、そんなところはまだ序の口で、この政治団体こそが、
「脱税の隠れ蓑」なんだそうです。
(ただしすべて合法的なので当然脱税とは言えない・・・)

2000年5月に急逝した小渕元資金団体は「未来産業研究会」
というものでした。
亡くなった時の資金残高は2億6000万円。
小渕元首相の財産とするなら、通常の多額の相続税が課税されるはずですよね。

ところが、相続人である小渕優子氏が同名の「未来産業研究会」を
死後半年たってから設立します。
同日、旧研究会は解散されます。その時資産はゼロ。
何故なら、寄付支出が1億6000万円もあって、
その他すべて使い切っているのです。
その寄付された1億6000万円のうち、1億2000万円が
小渕優子の設立した新研究会へ寄付され戻されているというのです。

つまり、小渕優子氏は
「1億2000万円を無税で相続したことになる」のです。

これどう考えてもおかしいですね・・・。

一般人の相続税の計算は、亡くなった2000年5月時点ですから・・・。

 

「政治団体課税については、一度、政治家ではない学者たちの
検討委員会で法案をつくらせ、それを議会が承認しなければ
ならないようにすべきではないでしょうか。」

まさにそう思います。
その委員会の議長にぜひ三木先生がなっていただきたいですね。
副委員長には小泉進次郎・・・・!?

2019年8月15日 (木)

税のタブー その1

  Photo_20190815095001

やはり税理士ブログらしく税金ネタをやらなければいけませんね。

「暴力団、宗教法人、政治団体・・・誰も踏み込まなかった税金の話!」

という新聞広告のサブタイトル見て、いつものようにamazon衝動買い!
作者は三木義一先生。
三木先生は業界では有名な税法学の権威なのですね。
現在は青山学院大学の学長でもあります。

20年も前ですが、税理士として駆け出しの頃、
税理士会の研修で「租税法」を何度も勉強したのですね。
当時の租税法の権威は、日本大学の北野弘久教授。
三木先生は日大の助手で、その北野教授の弟子でもあった方です。
その後、立命館大学の教授になり、何度か三木先生の講義を
受けたことがります。

正直、租税法という難解なものを余計難しく講義されるような
超真面目な先生でした・・・・。

今回も、「あの三木先生の本か・・・」
とためらったものの、読んでみてびっくり。
やはり青学の学長まで務められたおかげでしょうか・・・!?
平易な分かりやすい文体に変わっていました・・・・。

税金を通して世の中のタブーに触れ、なかなか勉強になりました・・・。

 

ではまず宗教法人の課税から。

「坊主丸儲け」という言葉があるように、
「お布施に税金がかからないことから、宗教法人がすごく
優遇されているのではないか!」
という批判が確かによく言われますね。

ただ、
「宗教法人非課税制度を見直して、課税しろ!」
というのはまず誤解ですね。
あとから説明しますが、一部課税されます。

 

Photo_20190815095101

Photo_20190815095102

ただ根本的な問題として、宗教法人の数と信者の数です。
初めてこんな表見ましたが、
宗教法人は18万社もあるのですね。
その信者の数と言ったら、1億8116万人!
日本の人口を上回っているのです!!
これ考えただけで
「宗教法人に、課税しろ!」
何て政治家は口が裂けても言えないはずですし、
まさにこれは日本の「タブー」なのです・・・。
宗教団体も「お礼として」多額の政治献金をしているそうです・・・
(これもタブーかな?)

 

34

しかし、「坊主丸儲け」にはならないように、
国税庁は34の業種について収益事業として、きちんと課税
しています。
これは自慢ではないですが、私も税理士として非常に
勉強しているところでもあります。

例えば、宗教法人が神前結婚式、仏前結婚式で収益を上げても
宗教活動の一部となり課税されませんが、挙式の後の披露宴は
課税されます。

でも、三木先生のありがたいご指摘。

「挙式料を大幅に引き上げて『披露宴は無料』というサービスを
提供したらどうなるか」

どうなるのでしょうね・・・・??

2019年8月14日 (水)

税理士の料理番 その52

Dsc_1080

 

今日のテーマも多様食。
暑い夏ですからね。
いろいろな種類のものを食べるのは身体によいのでしょう。

まず酢豚です。
酢豚というと高カロリーで脂っこい料理というイメージなのですが、
なかなか工夫された料理です。
まず野菜を切ります。
たまねぎ、長いも、パブリカ。
このあたりは慣れたもの。
次に豚の肩ロースを巻いてまき肉にします。
このあたりがヘルシーな感じですね。
これを野菜と共に黑酢の入ったたれで炒めるのですね。
結構簡単ですね。
揚げないところがミソです。
黑酢にうまくからまったらやわらか酢豚の完成。

次にきゅうりワンタンスープ。
ボールに塩、しょうが、ごま油とひき肉を入れ粘りが
出るまでまぜます。
きゅうりを千切りにして、ひき肉と一緒にわんたんで
つつみます。
次にスープ。
ちんげん菜、しいたけ、長ネギを切り、
ごま油で炒めてからスープで煮ます。
これにワンタンをいれ、仕上げに糸かんてん。
これもなかなかヘルシー料理ですね。

最後に黄桃のしょうが寒天。
鍋に水と寒天を入れ溶かします。
これにしょうが、レモン汁を混ぜ、
これを器に入れ、切った黄桃をいれるだけ。
これも簡単。
寒天としょうがでこれまたヘルシー。
暑い夏にはさっぱりと。美味しゅうございました・・・。

 

本日のメニュー

巻きまき肉のやわらか酢豚
きゅうりわんたんスープ
黄桃のしょうが寒天

2019年8月13日 (火)

八村塁の凱旋試合!

Dsc_1103

ついに日本のバスケット界が変わる日が来ました。
NBAのドラフト1巡目指名の八村塁の日本代表としての
プレーです。
これは見るしかありません。

Dsc_1097

八村塁に会いに千葉のポートアリーナまで行ってきました。
もちろん初めて行くアリーナです。
結構遠いですが、そんなこと言っている場合ではありません。
5000人も入れば満員の小さなアリーナですが、
八村人気で超満員。

Dsc_1095

試合前に撮った八村塁。わずか3メートル先です。
デカいですね。私も184cmと小さくはないのですが、八村始め、
2メートル級の選手がずらり・・・。

コートサイドで他の日本のセンター人を思わず見上げて
しまいましたが、本当に頼もしく見えましたね・・・。

Dsc_1106


ついでに、試合前のアップで八村塁のダンクを写真で撮ろうとしたら
あまりの速さでまったくピントが合いませんでした・・・。
すいません。お伝えできないのですがものすごいダンクです。

相手は世界ランク38位のニュージーランド。
日本は48位だから各上の相手なのですね。

Photo_20190813101501

ニュージーランドというとラグビーで試合前に踊るパフォーマンス
「ハカ」があるのですね。

先日TBSの「ノーサイドゲーム」でもやっていましたね。
これをバスケット代表もやるのです。
初めて見ましたね。
これは八村塁も驚いていました・・・。

試合開始するとその八村が大活躍。
テレビではあまり速報されなかったのですが
開始早々18対2の差です。
ビックリしましたね。

「日本代表がこれだけ強くなったのか・・・。」

正直そこだけで感動してしまいました。
その後八村のプレーは周りのプレーヤーと比べたら規格外でした。
まさにこれこそがNBAのプレーなのですね。
35得点の大活躍でしたから。

その後、試合は一時は6点差まで詰め寄られることがありましたが、
終始安定した強さを感じました。
結局99対89の圧勝。

もちろん、私が大ファンである馬場雄大選手の、パワフルで
スピードあるダンクも見れましたしね。

これでけがで欠場した富樫選手や、もう一人のNBAプレーヤーの
渡邊雄太選手もけがから復帰したら、本当に史上最強の男子バスケですね。
何だか男子バスケットは生まれ変わった気がしましたね。

 

Photo_20190813101401

そう言えば八村塁選手は1998年生まれです。
女子ゴルフの全英オープンで優勝した渋野日向子選手も1998年生まれ。
今流行の「黄金世代」なのですね。
今年はこの「黄金世代」が流行語大賞で決まりですね。

何度も書きますが、吉田事務所も1998年生まれ。

ガンバレ!八村塁!!  ガンバレ!! 黄金世代!!

2019年8月 9日 (金)

末広がりのいい会社をつくる その8 末広がりのいい会社をつくる その8

  最後はやはり「生き方」の問題にたどり着きましたね。
「忘己利他」(もうこりた)で、すぐ気が付きますね。
「利他の心」とは京セラの稲盛経営学の神髄ですから。

 

Yjimage_20190809093801

実はこの本を読みながら、私自身の経営学のバイブルでもある
「京セラフィロソフィ」も何度も読み返しています。

塚越経営学も素晴らしいと思いますが、
「どっちが正しいのだろう?」
また猛暑の深夜に眠れなくなりました・・・。

塚越氏の経営哲学は、古典から学んだそうです。
二宮尊徳をはじめ、松下幸之助、渋沢栄一、出光佐三、森信三
などです。
稲盛氏は松下幸之助を参考にしていると書いてあるのを読んだことが
あるので、根本的なところでは同じなのでしょうか・・・・。

ただ稲盛経営学と違うところはどこか、それを必死になって考えました。

 

「お客様第一主義を貫く」

稲盛さんは、「お客様に喜んでいただくことが商いの基本」
とハッキリ言っていますね。
でもご紹介したように、社是に
「従業員の物心両面の幸福の追求」かた始まっていますので、
この従業員を大事にする点は同じなのでしょうか。

 

「公明正大に利益を追求する」

ココが違うところです。
「利益とはウンチである」とする塚越経営学と違いますね。

 

「実力主義に徹する」

ここもまったく違います。
「年功序列をよしとする」塚越氏とは正反対です。
稲盛氏は
「もし、能力のない人を、単に家族だから、一番年長だから
というだけで組織の長に置き、会社が駄目になってしまっては
その不幸を従業員全員で背負うことになります・・」

これは私自身もそう感じるのですね。

 

「倹約を旨とする」

稲盛経営学は「利益は最大に経費は最小に」とうしごくシンプルな
考え方です。
経費は極力さげるのです。
問題の人件費に関しては、「アメーバ経営」という考え方があり、
「時間当たりの生産性」を考えて人件費を節約するのですね。
ここはまったく違うところです。


・・・いろいろ考えて本当に勉強になりました。
いずれにしろ、
「末広がりのいい会社をつくる」にはこの「塚越経営学」そして
「年輪経営」はお勧めです。
塚越様ありがとうございました。

(年輪経営シリーズ おしまい)

2019年8月 8日 (木)

末広がりのいい会社をつくる その7

いい老舗の考え方をもう少し詳しく説明すると、
2 安いというだけで仕入先を変えない。
3 人員整理をしない。
これがどういうことかというと、会社の内外に敵を作らない
ということなのです。
もっといえば「ファンを増やすということ」なのですね。
ここが塚越経営学の素晴らしいところです。


実は書きながら今まで取り上げてきた本を何度か
読み返しています。

先日弁当を毎日7万食販売している弁当屋さんのお話をしましたね。
こちら
正直見比べてしまいました。
「どっちが正しいのだろうか」と・・・。
弁当屋さんは、「毎日世界中から仕入先を変えている」と
書いてありましたから。
あそこの会社の経営方針は「お客様第一主義」。
伊那食品工業の「従業員の幸せ第一主義」経営とはまったく違いますね。
お客様に安く満足するお弁当を届けるために、一円でも
安い商品を常に仕入れるのです。

コロッケを一個25円で仕入れるように共同開発したと
書いてありましたが、もし他社から20円で仕入れることができたら、
ある日突然仕入先を変えてしまうのでしょうか。
一度に30万個仕入れると書いてありましたけど、
共同開発したメーカとしてはたまったものではないですね。
お米を毎日7万食分を仕入れ在庫を持たないそうですが、
今より安いコメを仕入れることが出来たら、
これもある日突然変えてしまうのでしょう。

でもお客様にとって安くて美味しい弁当が提供されるのはよいでしょうけど、
商売を長く続けていくには本当にそれが正しいのでしょうか。
これは正直悩んでしまいました・・・。
弁当屋の社長も正直に書いてありましたが、
「身に覚えのないクレームはしょっちゅうで、弁護士対応や
訴訟、労働問題などに大分詳しくなりました・・・」
会社が急成長するとそういうひずみが出てくるのでしょうね。
「三方よし」、「四方よし」というのは言うのは簡単ですが
実際に経営して難しいところなのでしょう。
敵を作らずファンを増やしていくのは至難の業ですから。

そういえば、弁当屋の社長も「当分上場はしない」と書いてありましたが、
そもそも「顧客第一主義」では上場できないのでしたね。
「会社は株主のもの」という考え方こそが上場ですから。

オーナーがもつ持ち株を巨万の富に変えるのが上場の効果ですから。
「会社は誰のものか」
という永遠のテーマを考えていたら、この猛暑の熱帯夜に本当に
眠れなくなりました・・・。

 

塚越氏の上場しない理由の根底には、「忘己利他」(もうこりた)という
考え方からくるものからだと書いてありました。

「自分の人生を大切に、幸せに生きたいならば、
我利ではなく、利他に徹しなさい」

もうこうなってくると「生き方」の問題なのですね・・・。

2019年8月 7日 (水)

末広がりのいい会社をつくる その6

もう一つ塚越経営学の基本。
「遠きをはかる経営」です。
経営者は、どんなときでも、今のことを考えるのではなく、
将来のことをできるる限り見通すとともに、自分や自社だけでなく、
さまざまな形で自社とかかわる人たちにも思いをはせながら、
打てる手を打ち続けることが必要なんだそうです。

 

Photo_20190807093001

これは、二宮尊徳の教えから学んだのだそうです。
なかなか奥が深いのです。
これだけでも参考になると思うのですが、
「私は、何らかの経営判断を下すときに、『20年後から見ても
自分の考えは正しかったといえるだろうか』と確認します。」

すごいですね。
これこそが「遠きをはかる」経営なのです。
近江商人の言葉で「三方よし」という心得があります。
三方とは「売り手」、「買い手」、「世間」なのですが、
それに塚越氏は「将来もよし」を加えて「四方よし」を
心がけているそうです。


もう一つ塚越経営学で学んでいただきたい点で、
「いい老舗は経営の手本」というところです。

いい老舗とは5つの学ぶべき点があるというのです。
それは、
1. 無理な成長はしない。
2. 安いというだけで仕入先を変えない。
3. 人員整理をしない。
4. 新しくよりよい生産方法や材料を常に取り入れていく。
5. どうしたらお客さんに喜んでいただけるか
という思いを常に持ち続ける。

特に「仕入先を大事にする」というのが一番大事なんだそうです。
ここは学ぶべきところなのですね。

 

一つの例でここも私が驚いたことがあります。

仕入先に仕入代金を送金する時に振込料を差し引いた額を送る会社が
あります。
例えば100,000円の仕入れ代金を払う時に、振込料金が
864円かかる場合に、99,136円しか払わないのです。
私もこの経理の仕事を長年やってきて、そういう商慣習が
あることも当然知っています。
「そんなこと当たり前」と言い切る経営者も多いです。

でも塚越氏は絶対それをやらないのです。
仕入先だからと言って、「上から目線」ではないのです。

相手の立場を尊重し、
お互いの幸せを考える経営だからなのですね。

どうでしょうか。
このことだけでも参考になりませんか・・・・。

2019年8月 6日 (火)

末広がりのいい会社をつくる その5

このブログで永年取り上げているテーマとして
「会社は誰のものか」
というのがありましたね。
塚越経営学はまさに「会社は従業員のもの」なのですね。
もっとはっきりと
「会社はみんなの幸せのためにあるもの」と言い切っていましたね。

だからこそ、上場しないのです。
分かりますか?
上場企業は「会社は株主のもの」だからです。
株主は配当をもらう権利があり、利益を要求してきます。
利益が出なければ、リストラでもして人件費を削るべく要求してきます。
それでは社員は幸せではないですね。だからこそ塚越氏は上場しないのです。

塚越氏の利益に対する考え方は特筆すべきものがあります。
「利益とはウンチである」
とまで言っているのですから・・・??
こんな「下品な」(失礼!)経営者を初めて知りました。
「利益とは健全な事業活動を行った結果として生じるウンチのようなもの」
としているのです。
利益ばかり出すことに固執することは、食べ物から栄養を吸収せずに
ウンチばかり出そうとする行為に匹敵し、非常に不健全であると・・・。
使うべき経費や人件費を削れば、その分利益は増えます。
でもそれでは決して人を幸せにしないのです。
「利益の使い方にこそ、経営者が真に求めているものがはっきりと
表れるのです。」
なかなか素晴らしいですね。
ここが塚越経営学の真骨頂です。
ただ、利益がでれば給料やボーナスで還元することだけでも
ないのです。
研究開発への投資や、働く環境を快適にするための設備投資など
また地域貢献のためへの投資などまでしているそうです。
会社が永続する仕組みづくりも将来的な社員の幸せにつながりますからね。

塚越経営学の考え方がもっと分かりやすく出ていました。
「社員に経費を節約しなさいと言ったことがありません。」
ここが一番驚いたことです。
製造業の経営者では、製造コストを1円でも下げるために、
徹底的に節約すること求めているのが普通です。

「いない部屋では明かりを消す」、「昼休みは電気を消す」
「エアコンは適温を保つ」・・・などなど
以前勉強しましたが、未来工業では
「社員一人一人に目の前に蛍光灯のスイッチの紐がぶら下がっていて、
廊下やトイレは薄暗く、エアコンもあまりつけない」
工場でした・・・。こちら

塚越氏は
快適な職場環境を保つために、照明やエアコンを少し強めにしたり、
少々高価でもすわり心地の良い椅子を揃えることは決して無駄では
ないと考えるのです。

快適さは社員の幸せにつながるからなのです。
快適さを排除してまで経費を節約しようとするのは誤りである
とまでいっています。

なかなか奥が深いです・・・。

«北千住荒川河川敷マラソン