2020年1月21日 (火)

2030年の世界地図帳 その3

ではそのSDGsが、なぜピンと来ないのか?

冒頭から落合さんも解説しています。

 

まず、「貧困をなくそう!」といっても日本人にはピンとこないですよね。

 

SDGsの17項目の下に169のターゲットがあるのです。

ターゲットは目標をさらに細かく分けた小目標なのですね。

 

その「貧困対策のターゲット」に

「2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と

定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる」

というのがあるのですね。

 

これを知って驚きますね。

1.25ドルとは、現在1ドル110円くらいですから

140円くらいですよね。

「毎日140円で暮らす人を極度の貧困」と国連は定義しているのです。

日本人なら毎日行くコンビニでも一回140円は最低使っていますね・・・。

 

「毎日140円で暮らす??そんな人が世界にいるのか?」

 

1125

 

まずそれを知ることからSDGsは始まります。

割合が高い国です。

どこにあるか分かりますか?

地図でいうとココなのです。

 

1125_20200121133101

 

ピンとこない理由がコレで分かりますね。

日本から、あまりにも遠く離れた国だからなのです。

 

もう一つピンとこない理由。

やはり、この「Substainable(サスティナブル)

を「持続可能」と訳しますが、そもそもこの単語自体がピンと

来ないのですね。

ココがSDGsを分かりにくくしているというのです。

 

正直私にもよく分かりません。

「持続可能」という単語を私自身も半世紀以上生きていながら、

一度も使ったこともないからですね。

 

「持続可能な開発目標」!?

 

「何それ??」

 

ごもっともです・・・。

 

2020年1月20日 (月)

2030年の世界地図帳 その2

Sdgs1

 

2030年を考えるにあたってまず「SDGs」

ですね。

今後10年間は、このフレーズを抜きに世界は語られないのです。

最近よくマスコミでも取り上げられていますので、ご存じでしょう。

 

SDGsがまず読めないですね。「エス・ディー・ジーズ」と呼ばれます。

「Sustainable Development Goals」の略です。

ustainableという単語が難しいでしょうか?

 

「持続可能な開発目標」

 

難しい単語ですし、フレーズです。

今後世界経済を語るには、このフレーズが流ちょうに言えなければ

お話にならないのですね・・・。

10回くらい呪文のように唱えてみてください。

 

ではその開発目標ですが、

外務省のHPからダウンロードしました。

この絵はこれからよく見ることになるのでしょうね。

この絵を見てすぐ分かりませんね。

 

17

 

体的にはこの17項目です。

 

では次のミッションです。

この17項目を10回唱えてください。

 

これからの世界経済を考えるには大事な行動指針で

あるはずですから・・・。

 

Mdgs

SDGsの母体となったのは、2000年から2015年に

かけて進められた「MDGs」なのですね。

しかし、ほとんどそれが達成されないままに終わったのです。

その反省を踏まえて策定されたのがこのSDGsなのです。

 

しかし、落合さん自身も

「最初このSDGsを初めて耳にした頃は

あまり腑に落ちませんでした・・・。」

 

正直ですね。

コレ確かに私もそう思います。

先ほど10回と言いましたが、2、3回で

「飢餓??」

最初に来る「飢餓をゼロに」なんて言われても、

日本人にはピンとこないでしょうね。

ニュースで「日本人が餓死した・・・」なんてことは

聞いたことがないですからね。それどころが日本では食料が余って、

「フードロス」が問題になるくらいですからね。

 

確かに「腑に落ちない」まさにピンとこない目標なのです・・・・。

2020年1月17日 (金)

2030年の世界地図帳 その1

2030

 

「2020年はいったいどんな年だろう?」

 

年初からずっと考えていて、思わず飛びついた本ですね。

以前もご紹介しましたが、落合陽一さんですね。

日本の若きオピニオンリーダーです。

彼の本は「横文字」が多くてなかなか読みずらいのですが、

世界の最先端の潮流がよく分かります。

知らない単語や、その横文字を確認しながら、苦労してでも

あえてこういう方の意見を取り入れてみることも大事だと思うのです。

「2030年」というターゲットがいいですね。

2040年、2050年などともっと先のことは

正直分かりませんし、分かりえないのですね。

何故ならこの本の冒頭から書いてあることから、納得できるからです。

 

「2000年代からインターネットの普及によって本格化した

グローバリズムは、『GAMAM』(Google,Amazon,Facebook,Apple,Microsoft

をはじめとするアメリカの巨大IT企業を生み出し、約14億人の人口を

抱える中国の急激な経済発展によってアメリカと世界を二分する国家へと

成長した・・・・」

 

まさにそうですね。

2010年に日本はGDPで中国に抜かれ、世界第2位の経済大国の

座を明け渡したのです。

 

「このような状況を2000年以前に予測できた人はどれだけ

いたでしょうか。」

 

「これほど技術革新のペースが速い時代には、10年先の

仕事内容や働き方を想像することすら難しいと感じられます。」

 

落合さんが10年先すら分からないというのであれば

本当にそうなのでしょうね。

 

タイトル通りに「2030年の世界地図」を描くことによって、

その中の日本はどうなるのだろうか?

どんな暮らしになっているのだろうか?

それが確かに分かると思うのですね。

 

でも世界情勢に興味ない人も多いのでしょう。

でも落合さんから、まずおしかりを受けます。

 

「目の前のことで忙しい、世界のことに興味が持てない。という人も

多いでしょう。近視眼的に見ていると、自らの立ち位置も

自分がやるべきことも見つけることは難しい。」

 

そうなのですね。

では、あえて世界に目を向けてみましょう・・・・。

2020年1月16日 (木)

ダイエットについて

以前、かなり「糖質制限」に凝っていたことがありました。

それを面白がって「ダイエット」と称してアップもしていた

こともあったのですね。

こちら

 

「最近どうしたんですか?糖質制限はやめたのですか?」

 

たまに聞かれることがあったのです。

実は「メルマガ会員」向けの記事には、

「今月のダイエット日記」と称して体重と体脂肪のリアル数字を

連絡し続けていたのですね。

 

しかし、いろいろ考えたのですが、メルマガのダイエット日記は

昨年で終了することにいたしました。

 

私も今年でついに大台を超えます。

いつまでもオジサンの体重や体脂肪を面白がってアップしても

きっと不快な思いをされる方もいらっしゃると思うのです。

 

ダイエットを始めて6年以上。

それなりに効果はあったと思います。

ただ6年前は「糖質制限ブーム」に乗っかっていたつもりでした。

面白いようにすぐ効果が出て、始めてすぐは10キロ近くも

痩せることができましたから。

 

でもここ数年、ほとんど体重は横ばい。

特にここ1年、実はあえてその糖質制限をやめていたのです。

いろいろ試した結果ですが、

「糖質制限は減量という意味では効果はあるものの、

筋肉量も落ちてしまう」

ということがよく分かったからです。

ここ2、3年前のマラソンの記録を見てお分かりの通り、

かなりの下降線でした。

でもこの1年間の記録はどうでしょう。

それなりに炭水化物を中心とした糖質は身体に

必要なのです。

私の年齢的な面もあるのでしょうし、体を動かすには

たやはり適度な糖質も必要だと分かったのです。

 

よって今年から、「食事制限の」ダイエットはやめることにしました。

でもその代わりに始めたことがあります。

「毎日腹筋とスクワットをすること」

です。

毎月、最低1000回を目標に腹筋とスクワットを

続けようと思います。

よって「食事制限はせず」、筋肉を鍛えることにより

結果的にダイエットを続けることになると思います。

しかも、これならストレスなく楽しく続けられると思うからです。

 

経過を知りたい方はメルマガ登録してください。

「今月の腹筋・スクワット日記」で公表します。

来月からお楽しみに!

 

2020年1月15日 (水)

税理士の料理番 その57

Dsc_0043

本日は超簡単で栄養価も高い料理を作りました。

「切干大根さば缶の味噌汁」

 

これは超簡単で美味しいのです。

コレ絶対にお勧めですね。

 

切干大根とさば缶の汁を一緒に煮込みます。

もうコレダケ。

これに、といたお味噌を入れ、さば缶の身を入れるだけ。

塩も調味料も何も入れません。

ただ、ポイントは最後にすったしょうがを添えること。

これだけで、非常に美味しい味噌汁ができるのですね。

 

あとはしいたけのれんこんつくね。

これは正直面倒でした。しいたけにつくねを乗せて

焼くだけなのですが、さらにだしとかたくり粉で

あんをつくって入れます。

ここまで手を込めば美味しくなるのですね。

 

それとかぶときんかんの千枚漬け風。

かぶとラディッシュときんかんを切って、

甘酢につけるだけ。

これは簡単。

 

さらにデザート。

とうふ白玉。

普通の白玉粉に絹ごしとうふを練りこんで

白玉をつくるというワザ。

もちもちして、何といってもヘルシーは白玉が

出来上がりました。

コレなかなか美味です。

 

ところで、料理教室通い出して5年近くなりますが、

今日ほど簡単で美味しいものはなかったですね。

ご紹介した「切干大根さば缶の味噌汁」ですね。

 

教室終わったあとのメールでアンケートがきましたが、

「どうして『初めて料理のクラス』でやらないのか不思議です」

と書いたくらい。

誰でも簡単で、しかも失敗せずに料理できますからね。

これを家族に食べさせたら、絶対「美味しい」と言われますからね。

 

これ大事なのですが、家族に習った料理の腕前を披露して

「ちょっと・・・」

なんてがっかりされると、もうそれだけで料理教室を通う気が

うせるものなのですね。

 

オジサンの料理初心者は結構デリケートなのです。

嘘でも(!?)「美味しい」と言われたら、

オジサンの料理初心者なら、また頑張ろうと思うものです・・・。

 

本日のメニュー

 

しいたけのれんこんつくね

切干大根さば缶の味噌汁

かぶときんかんの千枚漬け風

とうふ白玉

2020年1月14日 (火)

ハイテクハーフマラソン

Dsc_0047

 

2020年初マラソンです。

得意の赤羽・荒川河川敷!

昨年は何度も走りましたからね。

 

しかもこのハイテクハーフは、以前「谷川真理ハーフ」と言っていた頃から

何度も走っているコースですね。

比較的お相性の良いタイムが出る大会なのですが、

最近は何となく走っていませんでしたね。

運営が変わって、「超マンモス大会」となってしまって

自然と避けていたからなのですね。

 

上流コースと下流コースがあって、今回は下流コース。

 

「なんだ。下流コースか・・・。」

 

知っている人はすぐ分かるのですね。

上流コースの方が明らかに走りやすい。

特に折り返してからの下流コースの復路は、風がアゲインストになるので

結構つらいのですね・・・。まあ板橋CITY走ったことある方なら分かりますね。

 

 

Photo_20200113175701

10時30分スタートの第3ウェーブなので

余裕で上流コースのスタートを見学。

有名人が多いのです。

猫ひろしとよく知っている松本翔選手も見えますね。

しかしみんなナイキのピンクシューズ!

驚きです。

Nekohiroshi

実は猫さんとこのハイテクマラソンは

売れる前からのお付き合い。

 

 

これ何度かアップしていますが、8年前のサイン。

あの頃は人気が全くなくて、スタッフの方から

「余っているから・・・」

と押し付けられたサイン・・・。(内緒)

今ならメルカリで「高価で?」売れますかね・・・。

 

 

ということで10時30分スタート。

最初から飛ばします。

1キロラップが5分39秒。

調子がいいです。ここで、ピンクシューズのランナーを見つけ

それについていく作戦、

2キロラップ。5分30秒。だんだん上がっていきます。

正直つらい・・・。

4キロ過ぎにそのピンクシューズにはついていけなく

なりましたが、5分40秒ペースで走ります。

 

5キロ。28分6秒。これはいい!

前半は5分40秒台で粘ります。

10キロ。なんと!56分53秒。最近にないタイムです。

これは、「久々のサブツーかも・・・。」

力が入ります。

折り返しても1時間は切っていますから。

 

折り返してからの、あのアゲインストの風は、幸運にもほぼありません。

ほぼキロ6分の粘り。

15キロ。1時間26分51秒。

18キロくらいまで何とか粘りましたが、

土手に上がる坂が結構キツカッタ。

ラスト3キロとなってちょっとペースダウン。ここが残念でした。

それでもラスト1キロはペースを上げます。

 

「せめて1キロ6分ペースの2時間6分は・・・」

 

ゴール!

2時間6分1秒!!

 

惜しい!!

でも今年第一発目としては、しかも下流コースですから

まあまあの出来でしょう。

実は年末年始に筋トレのやりすぎで若干背中を痛めてしまって、

あまり走っていなかったし・・・。

 

その後赤羽で走友会の仲間と新年会を兼ねた打ち上げ!

今年の飛躍を感じさせる!?楽しいレースでした・・・。

 

Photo_20200113175601

 

Neorun

2020年1月10日 (金)

50、60花ならつぼみ

昨日の大久保さんの講演会でどうしてもご紹介したい

言葉がありました。

 

大久保さんはがんに打ち勝って、サロマ湖100キロを

10回完走し、さらにサハラ砂漠の250キロも完走しました。

 

当然周りから、

「いつまで走るのですか?どこまで頑張るのですか?」

と聞かれますね。

必ずこう返すそうです。

 

「50、60花ならつぼみ、

70、80は花盛り、

90でお迎えが来たら、

100まで待てと追い返せ。」

 

なかなかいい言葉ですね。

ネットで調べましたが、

臨済宗大徳寺の住職尾関宗園師の言葉ともありましたが、

同様な言葉を渋沢栄一も残しているのですね。

(40、50はハナタレ小僧・・・)

 

まあ誰が書き残そうが、私の座右の銘にしましょう。

 

大久保さんは、サハラ砂漠の250キロを走破中に82歳の参加者と

一緒に走ったそうです。

「そんな人生も素晴らしいですね・・・」

そう言っていました。

 

80歳になってもサハラ砂漠250キロを走れるくらい健康で

ありたいですからね。

本当に素晴らしい目標です。

 

私も今年の10月で60歳になります。

家族からは、

「もう60歳になるのだし、フルマラソンなんてやめたら・・・」

結構真顔で言われることもあります。

 

「吉田さんも私もまだまだつぼみですから・・・」

 

年下の55歳の大久保さんにこんな言葉を言われたら

返す言葉がないですからね。

 

大久保さんに気付かされましたね。

 

「そうか。まだまだつぼみなんだ・・・。」

 

花盛りの時(70歳台、80歳台)に頑張れるように、

まだまだ身体を鍛えなければいけませんね。

 

80になったらサハラ砂漠でも走りましょうか???

2020年1月 9日 (木)

サハラ砂漠250Kmマラソン挑戦報告講演会

Photo_20200109093802

 

以前ご紹介した大久保淳一さんの講演会に行ってきました。

Photo_20200109093801

大久保さんといえば、「いのちのスタートライン」ですね。

本当に名著です。こちら

 

もう5回ほど読み返したでしょうか。

読み返すたびに涙とともに勇気が湧いてくる本です。

スマホにもiPadにもダウンロードして、いつでも読めるように

なっていますから。

Dsc_0209

一昨年のランナーズの大賞を受賞され、その表彰式で

初めてお会いしたのですね。

無理やり撮っていただいた写真ですが・・・。

サロマ湖100キロを10回も走り、今回さらに世界一過酷なマラソンレース

とされるサハラ砂漠250キロにチャレンジされたのです。

 

その完走報告会です。

でも大半は「いのちのスタートライン」に書かれていた

生々しいがん体験記。

ご本人の肉声から本当のがんの恐ろしさをお聞きできました。

 

ただ本で何ども泣かされた個所を直接お聞きして

やはりまた泣いてしまいました。

特に、がんから復帰後初レースとなった縄文ハーフマラソンの「おにぎりのお話」

は涙腺が崩壊します・・・・。

しかし、今更ながら、長年のがんの闘病を乗り越えて、

サロマ湖100キロ10回完走だけでなく、今回のサハラ砂漠250キロを

完走された大久保さんに本当に脱帽です。

 

それと覚えている方もいると思いますが、

昨年月刊ランナーズにも書きましたからね。こちら

「ガンを発症する直前が、俺のピークだったなんて大ウソだったと

自ら証明したい」という

大久保さんに見習って、

「走り出して5年目の55歳が俺のピークだったなんて大ウソだったと

自ら証明したい。これが2019年の私の目標です。」

 

と2019年の年初に誓ったはずだったのです。

すいません。

まだ大ウソついているのですね・・・。

 

大久保さんは、まだまだチャレンジされるそうです。

サハラ砂漠250キロ以外にも、

ゴビ砂漠、アタカマ砂漠、南極を走るウルトラマラソンが3つあり、

それに挑戦したいといっていました・・・。

 

すごいですね。

本当に刺激を受けた一夜でした・・・。

ここで

「私もサロマ湖100キロ走ります!」

とまではやはり書きませんが、

まだまだ頑張らないといけなさそうです・・・。

2020年1月 8日 (水)

ワンストップ特例の期限は10日!

本日は1月8日ですね。

昨年ふるさと納税をやった方で大事なことを忘れていないでしょうか?

 

1月10日までに「申告特例申請書」を提出しなければ

ならないのですね。

 

私も昨年何度もふるさと納税をやっていますので

この特例申請書はたくさんあります。

基本は「ワンストップ特例をやらない」にチェックしているので

送られてこないことがほとんどですが、親切な市区町村では

礼状とともにこの申請書が同封されています。

1_20200108140301  

しかしこの申請書見て、実に分かりにくいですからね。

記載例はこうです。

 

2_20200108140301

チェックボックスにチェックを入れるのがポイントですが

何のことか分からないですからね。

「実に不親切」だと前々から申し上げていることですが・・・。

 

これ書いて、マイナンバーカードの写しとともに

1月10日までに送付してください。

そうしないと確定申告となってしまいますから。

 

何となくわかるのですが、ふるさと納税しても面倒なので

確定申告しない人も結構いると思うのですね。

 

それと大事なことなのですが、この申請書はふるさと納税を

やった回数分だけ各市区町村に送らなければならないのですね。

最大で5か所までです。

あと間違いやすいのは、一度やったふるさと納税がよかったので

そのあと続けて同じところに2度やった場合はどうでしょう。

 

2度やったら同じところでも2度送らなければいけないようです。

ちょっと面倒ですね。

 

それと念のためアップしておきますが、

ふるさと納税をやったあと、

 

  1. 引っ越して住所が変わった
  2. 結婚して姓が変わった

 

こういう場合はどうでしょうか?

これも「変更申請書」を送らなければならないのですね。

Photo_20200108140401

この期限も1月10日までです。

明日9日投函して10日に着くでしょうか?

ぜひ間に合わせてください。

 

もちろん、間に合わなくとも確定申告すれば大丈夫ですが・・・・。

2020年1月 7日 (火)

アパホテル社長講演会

Mig2

新春講演会でアパホテルの社長の講演をお聞きしました。

アパホテルというとまずこの写真ですね。

 

「私が社長です!」

 

というキャッチコピーで有名です。

「実際はどんな社長なんだろう?

正直興味本位で出かけたのですが、なかなか参考になりました。

 

しかし、このアパグループは本当に快進撃しているのですね。

昨年11月期の決算で売上高1300億円。経常利益が360億円。

それでも非公開企業なのですね。上場はしていません。

上場しないのはなぜだろうと考えますが、

典型的なオーナー企業なのですね。

日本一のワンマン経営者なのでしょう。

実質的な経営者はご主人の元谷外志雄氏で、

この方はいうならば「広告塔」なのですね。

 でも単なるモデル(!?失礼)かと思ったらしゃべりもなかなかうまい。

 

もともとお二人とも金沢の信金職員だったのですが

結婚退職してご主人が不動産業を始めたのが最初。

ホテル業を開始したのが1984年。

そこから北陸を中心に展開したのですが、東京進出は2000年以降です。

バブル崩壊の荒波は避けられたようですが、

キーポイントだったのは2006年から2008年だったようです。

まさにアパホテル倒産の危機ですね。

このあたりが講演で一番面白かったところ。

 

まず2006年に倒産した幕張プリンスホテルを相場より50億円も高い、

120億円で落札。

その直後の2007年に「姉歯の耐震偽装問題」でもろに打撃を

受けます。京都の2棟が使用禁止になったのですね。

その直後に起きたリーマンショック・・・。

 

講演ではハッキリ言わなかったのですが、お土産にもらった社長の著書には

「貸しはがしにあった・・・」

と記載されていました。

所有不動産を売却して1年間で300億円もの借入返済をして、

おかげでリーマンショックの不動産暴落を免れたそうですね。

さらに暴落した土地を東京都を中心に60か所も購入して

その後の躍進につながったというのですから、

まさに幸運だったというしかないですね。

因みに高値で落札した幕張タワーはその後2000室まで増室して

年間稼働率が90%を超えるまさにアパホテルのシンボルタワーに

なっているそうです。

 

しかし、低金利を背景に世界中にホテルを作りまくっているのですね。

1月6日現在で583ホテル、95,130室あるのですが、

驚くべきことに現在さらに53棟、17,680室も建築中だと

いうのです。

講演では日本中のホテルから売却や提携の打診があると言っていました。

 

すごいですね。日本のみならず世界中でアパホテルだらけになりそうです。

しかし新春講演会らしく、実に景気の良いお話でした・・・。

«今年の抱負