2018年12月18日 (火)

まだ間に合う!ふるさと納税!! その5

250万円もふるさと納税するとしたら楽しいでしょうね。
実はここ数日、ふるさと納税のサイトを見ながらあれこれ
考えています。


「肉もいいかな、カニもいいな・・・。
今ならお節料理もあるし、いっそ旅行でも行くか・・・。」


楽しいですね。
川内さんの奥さんの花子さんも小学生の食べ盛りの子供達のために
あれこれ楽しみながら考えています。


しかし何度もアップしますが、このあたりが「金持ち優遇の制度」なのですね。
年収400万円の独身の方の上限額は4万円です。
共稼ぎで年収600万円で大学生の子が一人いる方で6万円なのですね。
250万円なんて、「天文学的数字」ですからね・・・。


でも花子さんもいろ考えながら、思わず電卓をたたいてしまいた。


「なんてお得なの!」

「でも還元率が40%か50%のお得なものを合計すると100万円を超える・・・」

「税金は大丈夫かしら・・・」


なかなか冷静ですね。
賢い奥様です。


Photo_5

専業主婦の花子さんは毎朝、NHKの朝ドラを欠かさず見ています。

朝ドラ「まんぷく」の萬平さんが脱税で逮捕され、
懲役4年の実刑判決を受けてしまいました・・・。

「なんであれで脱税なの?? 税金は怖い・・・・」

50_2

またいつも見ているふるさとチョイスのサイトで
ちょっと良く分からない個所を見つけました。

「お礼の品が50万円超えたら課税する・・・」

「何かしら一時所得って・・・」

税金のことをまったく知らない花子さんは恐ろしくなってきました。

「脱税・・・??萬平さんみたいに逮捕されたら・・・怖い・・」

「勇気さんが逮捕されたら、オリンピック強化選手が取り消されてしまう・・・」

だんだん怖くなってきました。

リンク先の総務省のページを見てみます。


Photo_4

「やっぱり課税? わたしもう50万円超えてしまった・・・どうしたらよいの??」

さらに恐ろしいことに国税庁のリンクが飛びません・・・。
朝ドラの「満平さんのうろたえた顔」が浮かびます・・・。

「どうしよう・・・・税金がかかる・・・逮捕される・・・」


(あくまでフィクションです。実際のオリンピック強化選手とは当然違います・・・)

2018年12月17日 (月)

まだ間に合う!ふるさと納税!! その4

本家の川内優輝選手が昨日、防府読売マラソンで
優勝してしまいましたね。
これは来年プロ転向したら本当に年収6000万円くらいに
なりそうですね。

川内選手を応援するためにも、ふるさと納税を実際にやったとして
確定申告をやってみましょう!


まず最初に、川内勇気さん(仮名)は必ず確定申告となります。
これだけもらっていると年末調整ということはならないからです。
よってワンストップ特例は使えません。
ここ間違いやすいところなのですが、
最初から確定申告と分かっている人はワンストップ特例は
使えないのですね・・・。

確定申告して本当にほぼ250万円も税メリットがあるのでしょうか。
本邦初公開!?検証実験です・・・・。


2

まず確定申告書の別表ニに記載するのでしたね。
右下の寄付金控除の欄に「2,500,000」といれますね。
寄付金先はたくさんあって書ききれないでしょうから、
まとめて入れるしかないでしょう。

ハイ!ここで注意点はただ一つ。
左側の「寄付金税額控除」の欄にかならず入れること。
しかも入れるか所は「都道府県、市区町村分」のところに
「2,500,000」
といれてください。
以前アップしましたが、ここいれないと本当に税額控除してくれなかった
市区町村がありましたから・・・。

申告書の書き方はコレダケでしたね。
実に簡単ですね。


1

この結果別表1をみてみましょう。
1,147,636円も還付です。

250万円近くも税金戻るのではないのです。
このあたりは、「ふるさと納税ビギナー」の
川内さんには分かっていただかないといけません。

あとは住民税から引かれるのでしたね。
住民税の額を計算しましょう。

Photo_2


右下に
 4,282,600円
と出ました。
なにもしないと住民税は
5,633,000円
でしたから差額は、
5,633,000円 -  4,282,600円 =  1,350,400円

です。
結果的に

所得税 1,147,636円
住民税 1,350,400円
合 計 2,498,036円

となり、ふるさとチョイスの自計算結果2,498,100円
とほぼ同様の数字となりましたね。
還付金の端数の扱いですからこれは誤差の範囲内ですね。

良かったですね。
安心した川内勇気さんは、いよいよふるさと納税を
やることを決意します・・・・。


2018年12月14日 (金)

まだ間に合う!ふるさと納税!! その3

2,571,288円!!

とはすごいですね。
国産乗用車1台くらいは楽に変えるおカネです。

本当に250万円も寄付して税効果があるのかはあとで検証しますが、
こういう高額納税者が、まさに今慌ててふるさと納税しているのですね。

年収6000万円もある方なら、250万円くらいは
右から左に出せるのかもしれませんが、
実際に何を買おうか迷うでしょうね。

川内家は小学生3人の家族ですから、
肉やカニなどきっと喜ぶでしょう。
でも実際にやると分かるのですが、「通販」と違って
いつ送られてくるのか分からないのですね。
年末に牛肉やカニが50万円分くらい大量に送られてきても
きっと食べきれないでしょうから。

だからこういう方々は、いわゆる高額品や換金性の高いものを
ふるさと納税として選ぶのでしょうね。
今問題になっている、amazonの商品券、カード会社の商品券、
旅行会社の商品券なのですね。
商品券なら「腐らない」ですから、「取りあえず・・・」となる訳です。

これもいろいろ問題です。問題点もあとから解説しますが、
川内家は仮に250万円をふるさと納税して税メリットが
あるのかどうか検討してみましょう。


250


ご紹介したふるさとチョイスに実際に250万円を
いれてみましょう。
そうすると瞬時に計算結果が出ます。

所得税 1,147,700円
住民税 1,350,400円
合 計 2,498,100円

とほぼ250万円のうち2000円を超える税メリットなのです。
仮に還元率40%としたら約100万円相当の返戻品を
たった2000円で手に入るということになるのです。

この驚愕な事実を信じられない、もしくは受け入れられない方も
多いのですね。

高額所得者に税メリットが極端に多くなることで
「金持ち優遇の愚策だ!」
と主張する方が多いのもこういうことを根拠としているのです・・・。

今は減りましたが、本当にこういうご相談が12月の今頃
多かったのです。


「サイト見ると・・・万円できることになっていますが
本当にそうなのですか?
区役所に電話したら・・・だったのですけど本当にそうなのですか?」

2018年12月13日 (木)

まだ間に合う!ふるさと納税!! その2

さてそもそも
「限度額って何?」
「本当に税金返ってくるの?」
と思っている方がきっといると思いますね。

具体的にまた計算してみましょうか?
では、ここで何度も寄付金控除で登場していただいた
「川内選手」に再登場願いましょう。

もちろん、本家の川内選手ではありません。
川内勇気さん(仮名)です。
面白いので月収を500万円、年収6000万!の高額納税者としましょう。
マラソンが趣味の川内さん、日本記録を更新して報奨金1億円取れば
きっとこれくらいになるのでしょうから・・・・!??

年収6000万円の方の年間の税金はどうなるのでしょうか?
以前年収600万円で計算した時と同じ前提、
専業主婦の奥さんと3人の小学生がいたとします。
税金を計算しましょう。
なかなか年収6000万円の方の確定申告書は見れませんよ・・・。

5c105813

なんと21,094,300円ですね。
住民税も計算しましょう。


Photo


5,633,000円

ということは
所得税21,094,300円
住民税 5,633,000円
合 計26,727,300円

すごいですね。年収の44%も税金で取られてしまうのです。

ここまで計算すると安心する方いるのではないでしょうか。
年収の低い方は税率が低くて良かったですね・・・。

でも川内家では、この重税感はたまったものではないですね。

奥さんの花子さん(当然仮名)が、旦那さんに


「ふるさと納税が絶対得だって朝の情報番組でやっていたの!
何だか来年からキビシクなって、やるのは今年中らしいの!
税理士の吉田先生のブログでも間違いないって書いてあったし・・・」


さあ!
仕事一筋で税金のことにまったく無頓着な勇気さんは
しぶしぶ、ふるさと納税をやろうとします・・・。

人気ナンバーワンサイトの「ふるさとチョイス」を
開けて自分の確定申告書の数字を入れてみます。

これなかなか優れものですね。
所得税がキチンと計算されますから。

さていくらできるのでしょう!

Photo_2


なんと!!2,571,288円!!

2018年12月12日 (水)

まだ間に合う!ふるさと納税!! その1

いよいよ今年もあとわずかですね。
今一番問合せの多いのがこのふるさと納税ですね。

駆け込みの方が多いようです。
大事なことですが、

「12月31日までに申し込んで平成30年分の寄付金受領証を
もらわなければならない」

からですね。
12月中と言っても役所はどこも12月28日でオシマイですからね。
12月29日以降にやって寄付金受領証をもらえるかどうかは
私は保証できません・・・。

あとそれと「返戻品の還元率を30%に削減する」と総務省が
発表した関係で、いろいろ今マスコミにも取り上げられましたからね。

「来年からうまみがなくなるらしい。今年が最後だ!」

そう思う人も多いのではないでしょうか・・・。
今朝もテレビでやっていましたが、
「ふるさと納税詐欺」
もでてきているようです。
ぜひお気を付けください。

さて一番多い問い合わせが
「私の控除限度額はいくらですか?」

というものですね。
ふるさと納税のおまとめサイトがいくつかあり、
それにかなり詳しく出ていますので

「そちらを見てください。」

ということにしていますが、
なかなか不親切なのですね。
ほとんどがサラリーマンの方を前提としています。

自営業者の方や分離課税の方(株を売った、不動産を売ったなど)は
使えないのですね。
そういう方用のサイトを作ってあげればいいのでしょうけど
無いのですね。


特に不親切だと思うのは

「あくまで目安であり、正確な計算は寄付翌年1月~2月に
お住まいの市区町村にお尋ねください」

と書いてあるのですね。


「来年では間に合わないではないか!」

本当に怒る人いるでしょうね。

「今年12月31日まで私はいくら寄付したらいいの・・・??」

それが一番知りたいのですからね。
いろいろ詳しく熱く語りましょうか・・・・。

2018年12月11日 (火)

年収1億円になる人の習慣 その3

ではその年収1億円になる方法です。
いろいろ書いてあります。

「仕事は質よりスピード」

「身だしなみ、挨拶、接遇が大事」

「2時間前出社は億万長者の基本中の基本」

「リーダーは車、社員は歩行者」

すべて説明しませんので、詳しくはお読みください。
ただ、辛口コメントとして、皆どこかで聞いたことある
フレーズがたくさん出てきます。
真理は一緒なのでしょう。
種明かしすると、巻末にたくさんの参考文献がのっています。
いろいろな本から、いろいろな「ためになる習慣」を
抽出したのでしょうね。
一つ一つ自分の習慣と比べてみるといいですね。

最後に、一番参考になったこのフレーズだけご紹介して
終わりましょう。

「自分でやる人でなく人に任せる人が年収1億円になる」

これ読んで「だから1億円になるのか・・・」

納得しました。
私自身実は美容室の顧問をやったことありました。
「ありました」と過去形にしたのは、なかなか経営が大変だったのです。
「美容室がそんなに儲ける訳がない」
そんな先入観があったのですね。
一人一回1万~2万円を取れたとしても、一日に10人も
さばききれないですね。
一人の美容室で一日10万~15万の売上。
月間せいぜい200万~300万円でしょう。
そうすると年間で2500万円~3500万円。
これは売上ですから年収1億円はとてもできそうにないと思うからですね。


10


ではこの表をみてください。
美容室「EARTH」の儲けのカラクリです。
これで納得しました。
10年で年収1億円になる方法です。
1店舗スタッフ13名雇っても年収は600万円です。
店舗を増やすことによって
売上を3億→5億→10億と上げていくのです。


売上10億円になると年収は5000万円です。
でもスタッフ167名。店舗は10店舗。
その後わずか3年で売上10億円→20億円にすれば
年収は1億円になるのです。

売上20億円、スタッフ334名となると、
中小企業としては大きな方ですね。
ポイントは経営者を7名輩出するということです。
この仕組み驚きませんか?

この表じっくり見ると何かヒントになると思うのです・・・。
決して美容師のためではないですね。
10年でこれができたら何でもできるはずです。
きっと他にも応用ができそうですね・・・。

(ガンバレ! 年収1億円シリーズ おしまい)


2018年12月10日 (月)

税理士の料理番 その44

Dsc_0713

本日のテーマはスペアリブとおこわ。
ともに中華風です。

スペアリブも初めて作りますね。
まず厚手のポリ袋にたれをあわせスペアリブをもみ込みます。
そのたれもポイント。
マーマレードとオイスターソース、紹興酒を入れますね。
この味はなかなかですね。

でもこのたれに漬つけこんであとはオーブンで焼くだけ。
実に簡単ですね。
ついでに、芽キャベツ、サツマイモ、エリンギを切って
そのたれをかけて一緒に焼きます。
あっと言う間にパーティー料理の完成!

続いては甘栗入り中華おこわ。
まず具材を切ります。
干し椎茸、干しえび、焼豚、たけのこを7~8mm角に切ります。
このあたりは慣れたもの。
これにフライパンで炒め、さらに、オイスターソース、紹興酒と戻し汁を
入れ、さらに水気を切ったもち米を入れて汁気が無くなるまで炒めます。

これをあとは蒸し器に入れるだけ。
これも簡単ですね。

あとはもう一品。
白菜のあえもの。

今回はつくりおきという訳ではないですが、
なかなか美味しい中華風でした・・・。

本日のメニュー

スペアリブの中華風オーブン焼き
甘栗入り中華おこわ
白菜とほたてのあえもの

2018年12月 7日 (金)

年収1億円になる人の習慣 その2

この本はどうみても「ブランディングの本」ですね。
経営者本を多数ご紹介しているとすぐ分かるのです。
内容はさておき、人や企業の価値をいかに高めようと
するか考えられた本だからですね。
もっと簡単にいえば「リクルート用」です。
この本により、多くの人を募集したいのでしょうね。

「美容室『EARTH』に入れば年収一億円稼げます!」

内容より何より、この美容室「EARTH」に非常に興味を持ちました。
実はこのブログも美容室「EARTH」をながめながら書いているのです。
「EARTH中野店」は当事務所の目の前のビルの3階に
あるからなのですね。

男性なので美容室業界をよく分かりませんので
この「EARTH」を運営するアースホールディングスを
よく調べました。
「ホールディングス」と名前がつくくらいですから、
上場企業かと思ったら違うのですね。

上場するという発想はたぶんというか、絶対にない仕組みなのですね。
この会社は平成19年6月1日設立です。
わずか10年足らずですね。
それで年商180億円です。
間違いなく上場してもおかしくないのですが、
グループ会社が102社(平成30年9月現在)もあります。こちら
これでは上場何てできないのをお分かりになるでしょうか。

通常上場するには「資本政策」といって、子会社群を整理統合してから、
事業を集約して上場準備に入るのですからなのですね。

でもこのアースホールディングスは実に面白い仕組みにしています。
これはすごいですね。


HPから独立支援制度をご紹介しましょう。

Photo

「ドリーム7ステップパートナーシステム」
というのがあるのですね。


7


具体的にはコレです。

最初は給与なのですね。
それから歩合になり、フルコミッション、店長と昇格していきます。
そしていよいよSTEP5で2年間のプロフイットコミッション。
それでSTEP6で会社設立なのですね。
いよいよオーナーです。

でもよく読むと「店舗利益の一定の割合が株式会社の収入」
なのですね。

ということは売上はすべてアースホールディングスに入る仕組みなのですね。
これは読んですぐ分かりましたが、セブンイレブンやファミリーマートと
同じです。
書いてある通りまさにフランチャイズなのですね。
美容室のコンビニ展開・・・・。

2018年12月 6日 (木)

年収1億円になる人の習慣

Photo


またタイトルにつられamazonをポチッ!
誰でも年収1億円くらいになりたいですからね。
日産の社長にでもなればもらえそうですが、
上場企業の社長でもそんなにもらっていないのではないでしょうか。

著者はアースホールディングスという会社の山下誠司副社長。
副社長というのがミソですね。

そのアースホールディングスという会社は、
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH」を運営する会社
なのですね。
スタッフ3000名、年商180億円!

副社長なのですが240店舗の内70店舗を
フランチャイズ展開する会社の社長さんでもあるそうです。
1976年生まれですからまだ42歳。


19歳で年収180万円で美容師を始め、
24歳でEARTH銀座店の店長、その後の26歳でのれん分け独立。
31歳で取締役になり年収1億円!
子会社、孫会社、ひ孫会社、玄孫(やしゃご)会社まで
38名の経営者を排出したそうです。
愛車はフェラーリ488スパイダー、趣味は仕事。

その弟子の38名の経営者の中でフェラーリを
持っている人が4名いるそうです。

実にカッコいいですね。


何だかコレダケ聞いたら、美容室「EARTH」とは
いったいどんな経営しているのか?
そう思いませんか?

Recruitimg01


ではそのアースホールディングスの創業者は
國分利治氏。


1958年生まれですから60歳!
60歳に見えないですね。
お若いし実にカッコいいですね。


愛車はもちろんフェラーリ。
年収は3億円!!
テレビでよく取材されるくらい大豪邸に住んでいるそうです・・・。


「独立したい!」
「儲けたい!」
「フェラーリ乗りたい!」

そういう方は美容室「EARTH」に入るしかなさそうですね。
まあ、そういう本です・・・・。

2018年12月 5日 (水)

日本棋院六段免除取得!!

Dsc_0706

たまには囲碁ネタ。
日本棋院から六段の免状をいただきました。

囲碁は小学校3年生の時から始めていますから、
もうかれこれ半世紀!?もやっているのですね。
50年もやっているから6段くらいいただいても
いいでしょうね!?

実は中学生の時に四段をもらっていたのですね。
始めた小学生のころは、とにかく
「初段を目指そう」
と夢中になってやりましたね。
あの頃から免状は憧れでした。
免状をもらうチャンスがなかなかなかったのです。

当時は日本棋院は二種類の機関誌を発行していたのですね。
その機関誌を毎月とって「免状認定問題」を必死になって
やりましたね。
それでも初段にはなかなか届かなかった。

中学生の頃に、名門木谷会に入会して、
さらに必死になってやりました。こちら
あの頃の木谷門下は、大竹英雄名人以下、
石田芳雄、加藤正夫、武宮正樹の三羽烏が
注目を浴びていました。
その頃売出し中だった、小林光一や趙治勲などなど精鋭ぞろい。
周りにも勉強している小中学生もたくさんいました。
あっという間に強くなって、中学二年生のときに何かの大会で勝って
無料で四段もらったのですね。

あのあと高校選手権まで真面目にやったのですが、
それから大分ブランクが空いてしまいました。

五段の免状をいただいたのも10年くらい前でしょうか。
そのあとそれ以上を執着しなかったのですから
また時間がかかってしまいましたね。

Dsc_0708

あとサインした棋士がうれしいですね。
今を時めく、井山裕太本因坊ですね。
その隣に、先ほど木谷会でご紹介した
武宮正樹、趙治勲、そして私の大好きな高尾伸路九段。

Dsc_0705


写真の通り木箱に入れられてきたのですが、
実は飾るには専用の額が必要なのです。
一応持っていますが、大きすぎて事務所に飾る場所がないのですね。
お客さんに自慢話を付きあわせては申し訳ないので
しばらくは、ひっそりと自宅に飾っておきましょう・・・。

«MINATOシティーハーフ その2