2019年4月19日 (金)

すごい工場 その1

Photo_17

 

この本見て、私のブログの熱心なファン(いるの??)なら、
すぐ分かりますね。

先日取り上げた、弁当屋さんの「すごい経営」のパクリではないかと・・・。
それと「遊ぶ鉄工所」というまさに「すごい工場」のお話もかつて
ありましたね。

経営者本を片っ端から読んでいると、本当にすぐ分かるのです。
きっと、どこかの企画会社が、
「御社もブランディングのためにこういう本を書きませんか」
と営業しているからなのでしょうね。
しかし、かりにそうであっても本にウソは書けないはずですからね。
最初からついうがった見方をしたようですが、どんな本でも何か得るものが
あるのです。
どれくらい「すごい工場」なのか勉強していきましょう。

スチィールテックという会社の出口社長が今回の主人公。
この方は二代目です。
創業は父親である出口正敏氏が1959年(昭和34年)、
名古屋市で合金鋼の加工行う会社が出発点です。
先代社長は40年ほどで社員4名、売上2億5000万円の
典型的な町工場になっていました。

2代目の出口弘親氏は1961年(昭和36年)生まれ。
私の一個下ですね。
なかなか優秀な方です。
慶応大学商学部を出て1985年8昭和60年)に
トヨタ自動車に入社です。
海外営業部門を渡り歩き世界40か国を回り仕事をしていたのですね。
なかなかエリートですね。
でも1997年(平成9年)、36歳で12年トヨタ自動車を辞め、
スチィールテックに入社します。
きっとそのままトヨタ自動車に残っていたらかなり出世したのでしょうね。

それから10年後の2007年(平成19年)社長を引き継ぎます。
その当時の売上は4億5000万円。従業員は10名。

でも2007年の一年後、分かりますよね。
2008年に起きた「リーマンショック」
なんと売上は2億5000万円まで落ち込みました。

でもその後の売上と従業員のグラフです。

2661_20190419_091207

驚きですね。
「すごい工場」
の意味が分かってきましたか・・・・。

2019年4月18日 (木)

税理士の料理番 その48

Dsc_0002_3

 

今回で作りおきシリーズは終了です。
最後のテーマは、豚ヒレ肉のハーブ蒸しとアボガドのケーク・サレ。

すいません。まったく想像つかない料理でした。
さすがに最終回だからかレベルが高い。
「ケーク??ケーキではないの?」
つい思ってしまいますね。
ケーク・サレはフランス料理なんだそうです。
ケークはケーキのこと。
サレは塩味。つまり、「塩味ケーキ」・・・・??
何だかよけい分かりませんね・・・・。
まあケーキ作りのようなものです。

ではまずそのケーク・サレから。

たまねぎ、ベーコン、ドライトマトは切ってフライパンで
炒めます。
次にアボガドは皮をむき、切っておきます。
その次がケーキ作り?ですね。
卵を割りほぐし、薄力粉とベーキングパウダー。
本当ケーキ作りですね。
型に流しいれてオーブンで40分。

思ったほど簡単です。
これはなかなか美味しい。
本当にパーティー料理ですね。

 

次に豚ヒレ肉。
アルミホイルに包み、ハーブとローリエを入れて、
フライパンで蒸し煮。
簡単ですね。

これにクリームソースを作ってかければ
出来上がり。

あと一品。
にんじんの干しいちじくのリボンサラダ。
にんじんをリボンのように切ることがポイントくらい。

 

本日のメニュー

豚ヒレ肉のハーブ蒸しクリームソース添え
アボガドのケーク・サレ
にんじんと干しいちじくのリボンサラダ

 

この料理ブログもついに48回目。
12回がワンクールなので、これで「作りおきシリーズ」も
今回で終了です。
4年ももう料理を学んだのですからね。
料理入門からはじまって、和食、洋食・中華、そして今回の「作りおき」

個人的な感想として、この作り置きが一番実用的で

家族の評判が一番よかったのですね。

 

さて次回からはどうしましょうか・・・。
来月からも新たなチャレンジです。
お楽しみに・・・・。

2019年4月17日 (水)

かすみがうらマラソン その4

26キロから30キロのあたりが一番きつかった・・・。
ガックリきた私は次のエイドでまた水をがぶ飲み。
ついでにトイレ休憩をあえて取り、ゆっくりストレッチ。

Dsc_0013_1

 

よれよれで迎えた30キロ地点。
見た瞬間に「またダメか・・・」
本当に思いました。
30キロ地点で「3時間10分くらいで・・・。」と走る前は
思っていたのですね。
3時間半は超えているのが、このタイムを見た瞬間に分かりました。

「残り12キロを1時間半はとても無理かも・・・また5時間台か・・・」

半年前の惨敗の横浜マラソンやつくばマラソンンを思い出しました。
25キロから30キロまでのわずか5キロで43分24秒も
かかっているのですからね。

がっくりきて32キロ地点。
1キロのラップが8分まで落ちています。

ここで考えました。
あとラスト10キロ。
タイムも3時間46分も超えています。
疲れている頭の中で考えました。

「何としても5時間は切ろう!」

ここでようやくスイッチが入りました。
スマホを仕舞い込み本気モードです。
思い切った行動に出たのです。

Photo_15


題して「いだてん走り」!
NHKの大河で見ていた金栗四三の走りを真似してみたのですね。

手を下げ、背筋をピッと伸ばし、
「スッスッ、ハッハッ。スッスッ、ハッハッ。」
速いピッチ走法。

私はいつも疲れてくると腰が曲がり、肩が全く動かなくなるのです。
いだてんの走りを真似ると、胸を張り手を下げるから
自然と肩甲骨が動くようになるのですね。
やってみると、周りのランナーを面白いように
どんどん抜いていきました。
1キロラップは7分まで上がってきています。

35キロ地点4時間6分25秒。
5キロラップ37分13秒。上がりましたね。
ラスト7キロをキロ7分で走れば5時間は切れます。

 

38キロ地点からかすみがうら名物の橋の上。
ここで「ロッキーおじさん」を見かけました。
近寄ってタッチすると
「今日で最後です。」
よほど写真撮ろうかと思いましたが、5時間切りのために写真は封印です。
「今までありがとう。お疲れ様でした。」
叫んで別れました・・・。

 

残り2キロ。あと5時間まで14分くらいです。
「5時間切れるかも・・・」
もう必死でした。
最後の橋が結構キツイ。
ラスト1キロはキロ6分台まで上がっていました。

陸上競技場に入ると本当にスパートです。
倒れるようにゴール!

何と!
4時間59分58秒!!
ついに5時間切り!!

ゴール後芝生に倒れ込み、しばらくは動けませんでしたが
充実感で一杯でした・・・。
ありがとう!かすみがうらマラソン!!

 

Photo_16

2019年4月16日 (火)

かすみがうらマラソン その2

10キロから20キロくらいまで、
かすみがうら特有の単調なコースを走ります。
多少アップダウンはあるものの、変わり映えのしない道・・・。

4年前の初チャレンジでは、ここで焦ったのですね。
1キロ5分30秒くらいまでペースを上げてしまったのが敗因です。
よって、今回は慎重に走ります。
ペース的には6分10秒前後。
いい感じです。

15キロ通過。
1時間34分42秒。
この5キロのラップは31分02秒。
さらにペースが上がっていますね。
4年前の大ブレーキが頭に残っているからなのです。

ただ16キロ以降が正直きつくなってきました。
予想気温19度。結構暑くなってきました。
1キロラップが6分30秒から7分近い。
ちょっと落ちてきました。
暑さのせいかキツイ・・・。

Dsc_0009_2

20キロ通過。
2時間10分25秒。
5キロラップが35分43秒。7分ペースまで落ちています。

Dsc_0011

でもこのあたりの桜は奇麗でした。

Dsc_0012

歴史博物館の桜。
桜を見ながら走るのはやはり好きですね。
霞ヶ浦を一望する坂を下りていきます。
このコースで一番好きなところ。
いつもなら下りは楽しく下りられるのですが、
ちょっと異変を感じます。
今思えば軽い熱中症でしょうか。
水分がやたら欲しくなります。しかも足も止まりました・・・。
21キロの1キロラップ8分29秒。
このあたりエイドが待ち遠しくなり、エイドごとに水をがぶ飲み。
7分台です。
ちょうど4年前もこんな感じでした。
恐るべしかすみがうらですね・・・。

25キロ。
2時間48分49秒。
5キロラップが38分24秒までペースダウン。
ちょっとショックでした。
このあとさらにダメ押しのショッキングな出来事がおきます。
何と5時間のペースメーカーに抜かれました。

「5時間も切れないのか・・・」
1か月前の東京マラソンでも5時間のペーサーに抜かれましたけど、
35キロ地点でしたし、あの時は1キロくらいついて行って
本当に食らいつきました。

今回は正直ガックリ。
まだあと16キロ。ついていく気力が・・・。

 

2019年4月15日 (月)

かすみがうらマラソン その1

Dsc_0004

 


あの大雨の東京マラソンから一か月。

「江戸の仇は茨城で」!?

リベンジとしてかすみがうらマラソンにエントリーして
ありました。
実はかすみがうらは2度目。
2015年に初めてチャレンジしていたのですね。こちら
正直結構苦しかったレースでした。
前半は良かったものの、20キロ以降で撃沈。
ツライ思い出が実はあったので、完走はしたものの
2度目のエントリーはしていなかったのです。

今回で28回目のフルマラソンですけど、
あの苦しさはたぶん2番目か3番目くらい。
(1位は先月の東京マラソン)
何となくかすみがうらは避けてきたのですね・・・。

9時50分スタートのため、朝6時台の千代田線で向います。
この大会はアクセスが良いのですね。
ガラ空きの千代田線でゆっくり座っていけます。

Dsc_0006

会場に到着すると、まだまだ桜が見ごろです。


シートを敷きゆっくり準備。

Dsc_0003_1


いつもも「ドーピングセット」!??


9時50分スタート。

Dsc_0007_1

何とまた前回と同様のEグループ・スタートです。
でもEブロックのためタイムロスは約6分。

もう大混雑でぎっしり。
でもここはまったく慌てません。

今回走る前に、前回のブログを読み返したのですね。
最初タイムロスしせいか、10キロ以降結構焦ったのです。

1キロ5分台で結構飛ばして20キロまでで、(1時間58分)

なんとか取り返したもののそこで疲れてしまったのですね。

よって今回は10キロくらいまでは、タイムを気にしない作戦に
しました。

本当にこのコースは10キロまでアップダウンが結構あるから
なのですね。

 

最初の1キロ。6分44秒。こんな感じ。

2キロ地点。いきなり急坂。でもこれは予想通り。
2キロラップ。6分31秒。

でもあせらず走ります。
3キロから平地になりました。
ちょっと調子に乗って4キロラップで6分切ってきました。

5キロ地点。これまでで32分34秒。いい感じです。

7キロ地点で若干の坂がありますが、ほぼ平地。
ただ結構暑い。
6キロ~9キロ。
ほぼ1キロ6分10秒前後。いい感じですね。

 

Dsc_0008 


10キロ到着。
これまでで1時間3分50秒。
いい感じで上がってきました。
出だしは絶好調・・・・。

2019年4月12日 (金)

日本人の勝算 その7

そろそろ中小企業の社長さんたちから、怒られそうなので
まとめましょう。

 

令和の時代は、中小企業経営者にとって、昭和、平成の
「安穏とした」時代にはとてもなりそうにありませんね。

日本の生産性はどうしてこんなに落ち込んでしまったのでしょうか。

「1990年代の日本とアメリカの企業行動の違いを考えると合点がいく」
そうです。

「アメリカでは多くの企業が技術革新の効果を最大限引き出すために、
組織を大幅に刷新し、仕事のやり方を大胆に変えた」のに対して、

「日本では技術導入したものの、組織や仕事の仕方に
手を付ける企業が少なかった」からなのです。

 

1989年が平成元年ですね。
ということは、分かりやすく勝手な解釈すると、

「平成という時代は、経営者たちが時代が変わっていることに
気が付かずに、昭和のやり方を踏襲し続けてしまったから」

生産性が落ち、「失われた30年」となったと言えるのでは
ないでしょうか。

令和の時代は、この過ちを繰り返してはならないのですね。
そのためには、筆者は思い切って
「最低賃金を上げ、給料を増やすよう」努力しなさいと
いっています。

でもこれだけでも、今の中小企業経営者から反発を受けますね。

「人手不足で人材が集まらないのに賃上げとは何事だ!」と・・・。

でもご説明したように、今後は高度な付加価値をしなければ
生産性は上がらないのです。
単純作業は、それこそAIに取って代われるはずだからなのです。
政治主導で何かの強制力が働かないと変わるはずないのですね。

 

令和新時代の経営者の方は大変ですね。
そのためにも、「経営者の再教育」は必要だと筆者いっています。

さらには高度な仕事をし続けるためにも、従業員に対する教育も
必要だと・・・。

いろいろ賛否両論がおきそうな意見だと正直思います。
でもこの本でいろいろと勉強しましたね。

世界では日本的経営をこのように見ているのかと
気づくことができました。
新たな発見ですね。こういう別の角度から日本経済、
日本的経営を考えることも必要なのですね。

 

今度の「史上初の10連休」には、ぜひとも海外旅行にでも行って、
諸外国から日本という小さな島国をながめることも
有益なのでしょう・・・・。


(がんばれ! 令和新時代の経営者たちシリーズ おしまい)

2019年4月11日 (木)

日本人の勝算 その6

「High road capitalism」(ハイロード キャピタリズム)
これを実践しようとすると「平成の」経営者から怒られるのでしょうね。

賃金を下げることによって、利益を上げていた「平成の経営者」
でしたから・・・。

2310f_20190409_0905442

図にするとこうです。
令和の時代の経営戦略です。
ポイントは「給料を上げる」ことなのです。
前提として「生産性を上げる」ことが必要なのです。
現在の経営者の意識改革も必要ですし、
そのための政策も必要だとしています。

ここで筆者が一番言っていることは
「最低賃金を引き上げること」

Photo_14

日本は諸外国に比べ、最低賃金が極端に少なすぎるそうです。

東京では最低時給985円ですね。
これを政策的に引き上げるのです。


因みにイギリスは最低賃金が政策的に引き上げられたことで

経済が復活したそうです。

日本での最低賃金の引き上げは、産業界から猛反発を受けるのは
あらかじめ予想してのことです。

ご説明したように「賃金を引き下げることにより利益を出してきた
平成のビジネスモデルを根底から覆すからです。

強烈な皮肉が書いてありました。

「今まで恵まれてきた社長は、経団連に顔をだしたり、ロータリーに出たり、
業界団体に行ったり、客先回って今まで通り、世間話をするでしょう。
でも何もしなければ生産性は一向に上がりません・・・」

最低賃金を引き上げることは、経営者自身が困ることになるのでしょう。
でも令和という時代は、ビジネス界においては
そんな甘い時代ではなさそうです。

 

最低賃金を引き上げることで、独立開業などは
間違いなく減るのでしょう。
それどころか生産性の低い、特に中小企業では合併など淘汰が進めるべきとまで
考えているようです。
合併により企業規模を大きくすることにより、適正な給料を
払っていくしかないそうです。

 

日本はそういう方向に舵をとるしか、日本の未来はないとまで
書いてあります。
各経営者が生き残りのために、生産性を上げるよう知恵を絞っていくしか
ないのでしょう。


令和の時代は、業界団体のゴルフ大会で、スコアを自慢するだけが
社長さんの仕事ではなくなりそうです・・・。

2019年4月10日 (水)

日本人の勝算 その5

「Low road capitalism」(ロウロード キャピタリズム)
難しいですか?
これを勉強すると
「令和の時代をどうビジネス展開していったらよいのか」
分かるような気がしてきます。

日本は1995年をピークに生産年齢人口が下降してきているのです。
それに気が付かない経営者は、人口増加している時代のビジネスモデル
「いいものをより安く」
に拘ってきてからこそ、日本経済は疲弊してしまったということになるのです。
今後も人口が減り続ける時代では、このビジネスモデルでは
通用しないとご理解いただけるでしょうか。

 

ところでこの用語は筆者が言っているのではなく、
アメリカの有名な社会学の教授、エリック・オリン・ライト氏が
提唱しているということです。

「Low road capitalism」(ロウロード キャピタリズム)
の経営戦略の根本的な哲学は「価格の競争」なのです。
それを日本企業が突き詰めてきたからこそ、給料が下がってしまったのです。

それに対して、対極する考えの
「High road capitalism」(ハイロード キャピタリズム)

は「価値の競争」です。
今まで安易に安い労働力を使って利益を上げていた経営者は
困りますね。
経営者自身が努力することはもちろんなのですが、
高いスキルを持った労働者が必要だというのです。
労働者は、いくつもの種類の仕事(マルチスキル)をこなせる上に
高いレベルのスキルなのです。

 

例えば
「コンピュータのソフトウエアを使いこなすといったスキルでなく、
マーケティング能力や、調査・分析能力、問題解決力や
人を説得する能力。
仕事をこなすというのでなく、仕事を改善する能力。
組織の論理に追従するのではなく組織を変える能力。


説明すればするほど、かなりハードルは高そうですね。

「High road capitalism」(ハイロード キャピタリズム)
に向けて意識改革が必要だというのです。
しかも、生涯学習を通じて常にスキルアップすることも
求められます。

 

2310f_20190409_090704

表にするとこうです。
令和の時代は大変なことになりそうですね・・・・。

2019年4月 9日 (火)

日本人の勝算 その4

人口減少と少子高齢化の世の中を語る前に、
「失われた30年」のをご紹介しましょう。
これは、ちょっと難しいのですが、なかなか参考になるお話です。
勉強になりました。

海外の学者が日本経済を研究したものらしいです。

それによると、今の日本の経営戦略を英語で
「Low road capitalism」(ロウロード キャピタリズム)
訳すとすると、
「低付加価値・低所得資本主義」

難しいですね。なんだか分かりませんね。
この反対語をご紹介すると何となく分かるでしょうか。
「High road capitalism」(ハイロード キャピタリズム)
訳すとすると、
「高付加価値・高所得資本主義」

バブル崩壊後の「失われた30年」はなぜ「Low road capitalism」で
あったかを分かりやすく説明してみましょう。

今までの日本の経営戦略では、
「いいものをより安く」が良いとされてきました。
例えばここ20年間で、ユニクロやニトリなどに象徴される企業が
発展してきましたね。
「常に効率を求め、とにかくコスト削減にまい進し、
特に人件費を下げる。」
多くの経営者はそれだけを考えてきたのです。

でもこの経営戦略は、人口が増加している時代にはよい戦略だったのです。
つまり、いいものを安くすると新しい需要がどんどん生まれるので
単価は下がるのですがそれ以上に売上が上がったのです。

これをキビいしい言い方で筆者は表現しています。

「優秀な労働者がいればどんなバカな経営者でも可能な戦略」
だったのです・・・。

「Low road capitalism」を別の表現で言うと
「簡単、安易、楽をしたい、サボっている、ごまかしている」
といニュアンスなんだそうです。

2310f_20190409_0905441


でも労働者にとってはたまったものではありませんね。
表にするとこうなります。

バブル崩壊した日本経済は
給料を下げることによって企業は利益を上げていたのです。
なかなかショッキングな表ですね・・・・。

如何に経営者がサボっていたか・・・

ここ分かりますか・・・・。

2019年4月 8日 (月)

多摩湖お花見ラン

Dsc_0009_1 


桜満開のこの日、走友会の多摩湖お花見ランに参加して
きました。

お花見ランは毎年楽しみで参加しているのですが、
例年だと桜が散ってしまって、葉桜が多かったのですね。
しかし、今年は寒い日が続いたのでまだまだ桜が残っています。

 

朝8時荻窪駅スタート。
いつののように善福寺川を南下して桜ロードを楽しみます。
やはり五日市街道と善福寺川の交差したあたりの桜は
最高ですね。
多くの花見客が場所取りをしていました。

高井戸駅から今度は神田川へ。
神田川の桜も好きですね。
色とりどりの花も咲き、春を感じながら井の頭公園へ。

やはり井の頭公園も大勢の花見客。
ただ井の頭公園の桜はもう早くも散りかけていました。

井の頭公園を抜け三鷹駅へ。
三鷹駅北口から関前の浄水場へ。
浄水場の桜も満開でしたね。

桜を楽しんでいるうちにここまでで約15キロ。
楽しいせいかまったく疲れません。

 

Dsc_0013

関前5丁目の交差点から、いよいよ多摩湖自転車道。
本当にこの道は好きですね。


いつもなら、本格派サイクリストが、びゅんびゅん飛ばして
少し恐ろしいくらいですが、今日は桜を楽しむ歩行者がたくさんいて
自転車は少ないのです。
ただ大勢のお花見散歩の方々をぬうようにして走ります。

 

Dsc_0014

途中で桜のトンネルを何度も通ります。
こんな絶好のタイミングでこの多摩湖自転車道を
走るのは初めてですね。

 

Dsc_0015

この場所が一番好きなところ。
桜のトンネルが見事でした。

Dsc_0016
いつものように小平ふるさと村で小休止。
ここでいちご大福を食べるのも楽しみ。

Dsc_0019 

Dsc_0018_1

あっという間の25キロでした。
多摩湖畔で桜を見ながら小宴会。
総勢35人。楽しい週末でした・・・・。

«日本人の勝算 その3