2018年6月20日 (水)

1分で話せ その1

Photo


今朝は1億人が皆サッカー評論家になっていますね。
「夕べのサッカーを1分で話せ」
と言われたら・・・。

アマゾンの連続ランキング1位を見て速攻買いです。
何かあるから売れているのですね。
1分で話すとなると、たぶん「結論から話せ」ということかな・・・。
何となく想像つきますが、やはり読むと違いますね。
なかなか参考になります。


しかし、プレゼンの極意を教わることができましたね。
個人的には私は営業マンではないので、プレゼンをやる機会は
あまりありません。
ただ税金や会計の講習会をやることがあるのですね。
話し方や説明の仕方を結構意識してやってきたつもりです。
そういう私でも

「なるほどそうか・・・」

納得することは多かったです。

まず著者は伊藤羊一氏。1967年生まれですから50歳。
東大卒後旧日本興業銀行に勤務ですからエリートですね。
2015年からヤフー株式会社でYahoo!アカデミアの学長を
務めているそうです。
2011年にソフトバンクの孫正義社長の発案で、
孫社長の後継者を育てるという
「ソフトバンクアカデミア」
があったのですね。

その最終選考まで残って、孫社長の前でプレゼンし合格!
すごいですね。
ということは孫社長の将来の後継者候補でもあるのでしょうか・・・。

まさにプレゼンのスペシャリストなのですね。
そんな極意がたった1400円で手に入るのですから
読書はやめられないのですね・・・。


この本がこれだけ売れている理由はこれも想像がつきますね。
たぶん多くの事業会社で

「この本を読んで来週この本で得たことを1分でプレゼンしなさい」

と新人教育に使われているのではないでしょうか・・・・。

2018年6月19日 (火)

税理士の料理番 その38

Dsc_0004


作りおきシリーズ第二段ですね。
まずは
「サーモンのちらしずし」です。
切干大根のマリネというタネを作るワザを
教わりました。

でも実に簡単ですね。
切干大根をさっと洗って切ります。
それをゆでてすし酢に漬けておくだけ。
これでなんと、「超簡単おすしのタネ」なのですね。

あとは炒り卵を作り、スモークサーモンときゅうりを切るだけ。
炊き立てご飯に切干大根のマリネを合わせて、
炒り卵とサーモン、きゅうりをのせればおしまい。

すしは結構面倒だと思っていたら、
この方法なら超簡単ですね。

あともう一品は「梅しそつくね」
鳥のひき肉にはんぺんをいれるのがポイント。
これが「かさまし」でヘルシーに仕上がりますね。
シソがまたよい味を出しますね。

あとさらに「かんたん焼きなす」というのも作りました。
土佐じょうゆという「秘伝のレシピ」をかけるのがポイント。
本当に簡単で美味しいですね。

さっそく家で切干大根のマリネにチャレンジ。
びっくりするほど簡単おすしの出来上がりですね。
何といっても、切干大根もかなりのかさましレシピなのですね。
本当に4人前を作るのにお米カップ1杯半で十分なのですね。
つくねにはんぺんや切干大根によるかさましなんて
確かに時代に合っているメニューなのですね。
その点で妙に感心しました・・・。

本日のメニュー


サーモンのちらしずし
梅しそつくね
かんたん焼きなす

2018年6月18日 (月)

お台場ロング

_0010

また走友会のロング走です。
例によって荻窪駅集合。
やる気満々ですね。
目的地はお台場です。
東京のど真ん中を突っ切るコースですね。
走行距離25キロ。
意外と近いのですね。

天気予報は曇り。
暑くもなく涼しいくらいの絶好のコンディション。


荻窪駅から善福寺川にでて上っていきます。
いつものランニングコースですね。
環状七号線を右折し新宿方面へ。

新宿西口公園に到着し小休止。
参宮橋を通って明治神宮の裏門から境内に入ります。
でもさすがに境内は走れないのですね。

_0012


新緑が美しい。

_0011


荘厳な雰囲気で参拝。

_0013

明治神宮を抜けると原宿駅。
ピンクの集団が若干場違いな雰囲気・・・。

_0017


表参道を目指します。
日本のシャンゼリゼ通りをピンク集団が駆け抜けます・・・。


根津美術館を抜け、西麻布方面へ。
さらに慶應義塾大学を通って田町駅へ。

_0019


レインボーブリッジに到着です。
ここをエレベータで上って
「東京で一番高い絶景ランニングコース」へ。

_0021

やや狭いですが絶景を楽しみながら走ります。

_0023

_0025

最後の下りは実に楽しい。

_0026

お台場到着。
右側にフジテレビの社屋が見えますが、
その前に広がる砂浜が美しい。


その砂浜で皆と懇親会!
楽しい週末でした・・・・。


2018年6月15日 (金)

未来の年表2 その8

何度も書きますが「少子・高齢化」は
私自身のライフワークのテーマなので書きたいことは
たくさんありますが、そろそろまとめましょうか。


税制に関しては、近年に発表された「税制改正大綱」を
よく読むと間違いなく、この「少子・高齢化」を前提とした
方向に向かっていると思います。
ただ、まだまだ時間はかかるとは思いますが、
何らかの手は打っていくと思います。


しかし、この本では結論はどうなるのだろう?
考えながら何度も読み直しました。

著者の河合氏のいう結論としては


「国家としての衰退を避けるには『戦略的に縮む』ことが必要」


であるとしています。
平成までのビジネスモデルは終焉したということでしょう。

この「旧ビジネスモデル」はどういうことかというと

「大量生産・大量販売」

「東京一極集中」

という昭和・平成という時代を一貫して行われてきた
ビジネスモデルということなのですね。

当然ですが、人口の増加が大前提だった訳です。
奇しくも来年4月から新しい元号なのですね。
新しい時代がやってくるのです。

「大量生産・大量販売の代わりに『こだわりの一品』を
提供するビジネスモデルに転換させていく」

という時代が来るそうです・・・・。

もちろん、ビジネスという範疇にとどまらないお話なのですね。
これはそれぞれの世代、年代が考えていかなければ
ならないことのようです。

「昭和・平成」はまさに「らくだの平和」だったのです。
この現実を見てそれぞれが戦略を考える必要がありそうですね。


最後に書きますが、

「俺はもう○○代だから『逃げ切り世代だ!』」

ということも絶対ありえないのですね・・・・。

またこの問題はよく研究して発表します・・・。

(皆で考えよう! らくだの平和シリーズ おしまい)

2018年6月14日 (木)

未来の年表2 その7

団塊ジュニア世代や就職氷河期世代のこれからの10年が
非常に気になりますね。


Photo_5

こんな表が出ていました。
賃金は抑えられ、仕事内容も新人が採用できないので
40歳になっても新人の仕事をさせられ、
さらにポスト不足でやる気のない平社員が急増・・・。
結論としては

「社員のモチベーションを高める努力がさらに求められる」

確かにそうなのでしょうけど、個人的には
これからの日本はこの30代、40代の方々が背負っていくのですね。
そんな「やる気のない30代、40代ばかりではない」
と本当に思うのです。

この中から早く優秀な政治家が出てきて日本を変えてください。
いつまでも、60代70代のおじいさんたちに日本を
任せてはいけないのですね・・・。


政治のお話はブログではタブーなのでこれくらいにしておきます。
「少子高齢化問題」
を確かに税金のなかで解決しようと検討はされているのですね。

今流行の「働き方改革」で税制も大幅見直しされそうです。
このあたりのお話は今度ブログで詳しくアップします。

取りあえず今年の4月から改正されたお話。
「高齢化」
ということで中小企業の経営者問題が検討されていました。


Photo_2


中小企業の廃業が今後ますます増える・・・。
税制改正の勉強会で何度か見せられた表ですね。


Photo_6


しかも、2025年までに70歳を超える経営者は
なんと245万人も!
そのうち3割が後継者不足!


Photo_7

このままでは
「技術が海外に流出して国際競争力が落ち込む」
「熟練した技能者や優良技術者が途絶える」

何より
「650万人の雇用が失われる!
22兆円のGDPが失われる!」

そういうことで、中小企業の事業承継税制が大幅に
改正されたのですね。

私も日本経済立て直しのために頑張ります!!

2018年6月13日 (水)

未来の年表2 その6

「少子化・高齢化」を見てきましたが、
この流れで「非常に割を食う世代」がいるのですね。

この本を読んでかなり考えさせられました・・・。
年間の出生数が200万人を超えた
「第二次ベビーブームの世代」
なのですね。
1971年~1974年(昭和46年~49年生まれ)の世代です。
「団塊ジュニア世代」とも言われますね。

その「団塊ジュニア世代」は現在44歳~47歳。
まさに働き盛りの世代でもあります。

しかし、この世代以降から30代の後半にかけて、
日本経済のまさに「失われた20年」の直撃を受けた世代なのですね。
卒業時点では「就職超氷河期」をまともに受けた世代です。

Photo


恐ろしい表がでていました。
親と同居しその収入をあてにしている世代の35歳~44歳は、
なんと217万人もいるんだそうです。
本当に急増していますね。
働かない「フリーター」となった理由のトップは
「やむを得ず」がトップ。
まあ現実に就職難でしたからね。

しかし、この世代の若者には「ひきこもり」という言葉がよく使われましたね。
このひきこもが言われ出したのが1980年代。
そのひきこもり世代が大人になって、そのまま親と同居・・・。
それが今や40代ですね。


また恐ろしい言葉も出ていました。
「8050問題」
そんなひきこもり世代が50代になったらどうなるのか?
という現実ですね。
親は確かに80代なのでしょうけど、いつまでそんな安穏とした生活が
続けられるのでしょうか・・・。


Photo_2

またこの表も見てください。
勤続30年の方の賃金の上昇率。
昔は、勤続30年もすれば、新入社員のころの給料の
2.3倍くらいにはなったのですね。
今では2倍にも満たないのですね。

「失われた20年」で多くの企業が賃金を抑制し、
不安定な働き方に追いやったからなのでしょうね。
当然こういうこ理由こそがその後の少子化を加速させる要因にも
なったのですね。
またこの世代もリーマンショックも受けていますからね。

運よく正規の仕事が見つかっても低賃金のまま・・・。
結婚したり、子供を作ることをためらったりするのはやむを得なかったとも
思うのですね。
しかし、そういう世代が、年金にも加入できず、貯蓄もできないまま、
やがて老後を迎えてしまうのです。


Photo_3


こういう団塊世代以降が高齢者に最初になる年は2042年。
これを「2042年問題」というそうです。

表現が厳しすぎますが
「貧乏定年」
を迎える人が多いのだそうです・・・・。


もし、この世代がもし皆生活保護を受けるとなると
20兆円にも近い追加予算が必要なのだそうです。

結局そのつけは人口ボリュームの少ない次の世代に・・・。
それでは日本は破綻してしまいますね・・・・。

2018年6月12日 (火)

未来の年表2 その5

「少子化」のお話はまだまだありそうですが、
一方の「高齢化」も今後のビジネスだけでなく、
ご自身のや暮らしを考えるには
非常に大事なことなのです。


Photo


身近な例ででていました。
「マンション住民の高齢化」という問題です。

実は私も都会のマンション暮らしです。
もう20年以上にも前になりますか。
税理士になる直前の30代の頃。
無理してローンを組んで新築のマンションを買いました。
当時の入居者はたいていは30代、40代の方々。
それももう皆50代、60代になっていますね。
当然年金暮らしの方も出てきていますね。

この本では恐ろしい言葉ででていました。

「マンションのスラム化」

です。
私の住んでいるマンションはまだないのですが、
マンションの管理費の滞納者や空き家も増えてきているそうです。

自分の身に置き換えて
これから20年、30年経ったらどうなるのか?

「ダチョウの平和」

ではないですが、考えておく必要があるのでしょうね。
さらに今ある「タワーマンション」に対する警鐘です。

Photo_2


この図を見て考えさせられますね。
確かに高層階を購入している方は外国人投資家です。
ぜったいに一生住み続ける人種ではありません。
中層は富裕層なのですね。
残りの低層階は一般の会社員ですね。

20年後、30年後を考えたら、大規模修繕の時に
どうなるのでしょうか?
半分は年金暮らしの住民です。大規模修繕が果たして可能なのかどうか・・・。


「高層マンションのスラム化」


が現実に起こりうるかもしれませんね・・・・。

マンションだけに限らないお話ですね。
大規模な分譲地開発の場合はどうなるのでしょうか?

30年前に郊外で行われた「○○タウン」がその後の今を考えたら
ある程度分かるお話なのでしょうね。

やはり高齢者ばかり残り、スラム化する可能性だってあるのでしょう。

「今後は、戸建てにせよ、マンションにせよ、資産価値の目減りを
少しでも避けるためには世代の循環が必要だ。
これからの物件選びには建物の見た目やロケーションだけでなく、
その地域の高齢化率の将来予測も重要なチェックポイントになるだろう。」

まさにそう思います・・・・。

2018年6月11日 (月)

熱海へGO!

Dsc_0006


東京税理士会の囲碁旅行です。
毎年楽しみにしている行事ですね。


ふだん大会では皆よく打つ碁がたきなのですが、
泊まりとなるとまた別です。
じっくり打って深夜まで懇親を深めます。
まあ、勝負にそれほど拘らないですからね・・・(言い訳)

第一局目。
Yさんとの碁。
碁は陣地の取り合いです。
最終的に1目でも多い方が勝ちです。
でも、やはり戦いの碁の方が好きですね。
こういうところが囲碁の面白いところ。


武闘派のYさんのこと。序盤から早くも「殴り合いに」。
双方50目くらいの「大攻め合い」。
相手のミスから一気の攻めで殺したと思ったのですけどね。
最後のとどめを刺し間違いうっかりの「一手バッタリ」。
普通に攻め合っていたら1手勝ちだったのですけどね・・・。

大会で一局目で負けるというのは本当にツライのですね。
熱海まで来て打っているのにもう優勝の目がないとなるとね・・・。
ガッカリの負け。


気を取り直してSさんと二局目。
Sさんとは割と分がいい方。

序盤から優勢に推し進め、中盤一気に石を取り圧勝。
これで少し気を取りなおしましたね。

三局目はMさんと。
本格派のMさんとは比較的厳しい。
ただ今回はどういう訳か勝利。
これで2勝1敗。

最後の一局に勝てば一応入賞の目が・・・。
トーナメント方式ではなく、スイス方式という対戦のため
勝率がよければポイントがあがるのですね。

ただ最終局はIさん。
元国税局のボスで実力NO1.
今では東京税理士会ではトップグループの強敵。
永年打っていますが、正直あまり勝った記憶がない・・・。

やはり最初から気後れしたのが敗因ですね。
序盤から劣勢に・・・。最後も押し切られてしまいました。
2勝2負で残念・・・。
でも懇親会では大先輩と酒を酌み交わし楽しい一夜でした・・・。

このところ「少子高齢化」の研究をずっとしていますが、
私より25歳も年上の大先輩が、元気に碁を打って
酒を飲んでいるのですね。
もちろん、仕事もまだまだ現役です。

私もまだまだあと30年はやれるかなと思った熱海の夜でした・・。

2018年6月 8日 (金)

未来の年表2 その4

「少子高齢化」
というフレーズは政治家のための言葉ではないのですね。
「最良のビジネスヒント」
になるそうです。
それはそうでしょうね。
これからの10年、20年を考えてビジネス展開するのと
しないのでリスクがあまりにも大きいからですね。


Photo_2


今から4年前の2014年8月に
代々木ゼミナール(代ゼミ)が27校あった校舎を7校にしてしまった
のですが、これはご存知でしょうか?
理由は浪人数の激減ですね。


私の世代でしたら「代ゼミ」とは予備校の雄でした。
駿台や河合塾もありましたがやはり規模が違いました。
大学受験の際に代ゼミで模試を受けたことを覚えていますが、
ものすごい数の学生がいましたね。

あと、自慢ではないのですが、私が育った池袋は
日本で一番人口密集度の高かったところです。
隣近所に子供はたくさんいました。
小学校は近所にたくさんあり、どこも4クラスか5クラス。
公立中学校は7クラスあったでしょうか。
子供が多いだけ、熾烈な受験戦争が待っていました。


私は都立高に進学したので、まあ古き良き時代。
「一浪」と書いて「ヒトナミ」と読むくらい、一浪、二浪は当たり前・・・。
早稲田慶応の倍率が皆どの学部でも10倍くらいあったのですからね・・・。
多くの友人がこの名門代ゼミに通っていました。

最近代々木に仕事でよく行くのですが、学生なんか見かけません。
代ゼミの凋落を目の当たりに見ると
これこそ「少子化」を実感するときですね・・・。

あとこれもまた昔話ですが、
小学校の時に「小学一年生」という雑誌がありましたね。
二年生になれば「小学二年生」、三年生になれば「小学三年生」・・・
これも少子化の影響でなくなってしまったそうですね。

Photo

2017年からは「小学8年生」となったのだそうです。
「小学生が落第なんかするか!」

と怒らないです下さい。
8の文字を自分の学年の字に塗りつぶすんだそうです。
何だか変ですね・・・。


あと私の子供の頃で一番楽しみな雑誌は学研の「科学と学習」でしたね。
これも「1年の化学」とか「3年の学習」とかそれぞれ分かれていたと
思います。
何が楽しみかというと「ふろく」です。
まさに奇想天外なふろくがついていました・・・。

しかしこのシリーズも2010年に廃刊になってしまっています。
もちろん、これも少子化の影響です・・・。

2018年6月 7日 (木)

未来の年表2 その3

Photo

2017年に国立社会保障・人口問題研究所が
作成した表です。
2015年(平成27年)の人口は1億2710万人ですね。
それが25年後の2040年には1億1092万人に
なると予想されています。


差額計算すると1618万人ですよね。
25年で割ると年間約65万人です。
昨日2017年で生まれた人と死んだ人の差が40万人でしたね。
ということはこれからの18年あまりで、
加速度的に生まれた人と死んだ人の差が広がると予想されているのですね。


恐ろしくなって、つい電話たたきましたが、
2040年から2065年までの25年間で2284万人減ります。
ということは25年で割ると、年間91万人です。
想定すると年間で生まれる人が60万人だと仮定すると
死んだ人が150万人・・・??

これはいったいどんな世の中になっていると思いますか?

またこの表を良く見ると、65歳以上の高齢者の人数は減っていないのですね。
一方で15歳~64歳の「労働生産年齢」に当たる方が
急激に減り続けるのです。
これこそ「少子高齢化」

「ダチョウの平和」では許されない現実が待っているのですね。

これから50年後はちょっとピンと来ないかもしれませんが、
例えば2040年というのはこれから22年後ですね。
今生まれてくる赤ん坊が社会人として巣立つ年です。
明るい未来を迎えてほしいと本当に思いませんか・・・・。


Photo_2

これも面白い表です。
逆に40年前と比較しています。

「新卒採用が難しくて・・・・」

そう嘆いている経営者にまずこの表をお見せしなければ
いけませんね。
そもそも若手の労働者がいないのですから・・・。
40年前と今とは違うということを認識して採用しなければ
ならないのですね。


昨日たまたまコンピュータ関係の経営者の方と話をしたのですが


「今は若手SEがなかなか採用できなくて、
現場では40代、50代のSEがたくさんいます。
『SE30歳定年説』なんてもう昔話です。」

なるほど!と思いました・・・。

«未来の年表2 その2