2017年8月22日 (火)

生涯投資家 その4

「金儲け、悪いことですか?」


これは当時有名になったフレーズですね。
村上ファンドとともに、当時ホリエモンこと堀江貴文氏が
株式分割より巨万の富を得て、つぎつぎと会社を買収していた時代です。
さらに光通信というITバブルの象徴のような会社もありました。


村上ファンドもまた、

「汗をかかずに大金を設ける人」

のような「悪のイメージ」だったのですね。

もっというと、阪神タイガースまで買収しようとして、
関西人の逆鱗まで触れてしまった・・・・。
マスコミもそれを一斉に叩いて、結局「インサイダー容疑」で
逮捕さら、表舞台から消されてしまいました・・・。


今さらその善悪を問うつもりもないですし
今さらながらあえてこういう本を出したということは、
「私は悪人ではない。投資家に過ぎない。」
そう言いたかったのでしょう。


投資家として世界で最も有名な方は「ジョージ・ソロス氏」ですね。
将来、「日本のジョージソロス」になりうる方だと思うのです。


彼の投資術に学ぶべきこともあると思うのですね。
彼の投資術の基本は三点。
これはなかなか難しいですが参考になります。

1. 期待値
2. IRR
3. リスク査定


期待値は、これは大昔、中学校の数学の授業でやりましたね。
「期待値が1.0を超えないと投資する意味がない」
これはそうでしょう。
なので、宝くじは0.3、公営ギャンブルは0.75、カジノは0.9
よって村上氏はこういうことは一切やらないのだそうです。
投資と投機は当然ですが違うのですね。


話はそれますが、私が30年以上前に早稲田商学部で
専攻したのは「投資管理論」でした。
一応「投資と投機」の違いについては勉強したものです・・・(ちょっと自慢?)


IRRは日本語で「内部収益率」と呼ばれるものです。
でも、難しいので説明は省きます。
個人的には「証券アナリスト試験」で結構勉強しました・・・。
彼の投資判断はIRR15%が基準なのだそうです。


「期待値」と「IRR」とさらに「リスク査定」で投資するか否かを
最終判断を行うそうです。
リスク査定で重視していることは、数字や指標の判断よりも
経営者やビジネスパートナーの性格や特徴を読むこと、
つまり定量的な分析より、定性的な分析が重要・・・。


この3つが投資判断ではもっと大事なのだそうです。

どうですか?
金儲けは嫌いですか?
悪いことだと思いますか?


投機は博打と同じです。
投資は投機とは違うのです。


日本のジョージソロス氏が教えてくれることです・・・。

2017年8月21日 (月)

横浜月例マラソン初参戦!

Dsc_0600


8月の中旬ですから、この時期あまり大会ないのですね。
夏の走り込み月間として、横浜月例に初参戦してきました。
神奈川の月例大会は川崎月例に何度か出ましたが、
横浜月例は初めてです。

理由は、場所が新横浜と何となく遠く感じていたからなのですね。
ところが、地下鉄丸の内線新宿三丁目駅乗り換え、東横線を使えば
中野から1時間弱とそれほど時間はかかりません。
意外と近いのですね。

新横浜駅あたりからやる気満々のランナーがたくさんいます。
歩いて10分ほど、横浜アリーナからすぐの河川敷が会場です。
鶴見川を走る往復10キロのコース。

Dsc_0598


まず驚いたのが、赤いユニフォームの選手の多いこと。
このあたりの地盤の大きな走友会かなと思っていると
開場で受付するとすぐ分かりました。
10回連続出場するとその赤いユニフォームがもらえるのです。
写真でもよく分かりますね。
これは5キロの部のスタート時点。
半分くらいは赤いユニフォームですね。
一番手前の紺のユニフォームの方は、
何と20回連続出場したランナー限定品。

これはなかなかユニークな企画ですね。
100キロマラソンで有名なサロマ湖ウルトラでも
10回走ると「サロマンブルー」と称してブルーのTシャツもらえる
そうですが、あれと匹敵できますね。

実は5キロの部は躊躇して走らなかったのですが、
ほとんどが5キロ走ってから10キロも走ります。
5キロと10キロの間の時間は40分。
私が通常30分くらいかかるから、中10分で10キロは
キツイかなと思ったのです。
見ていると20分もすると大量のランナーが戻ってきました。
なかなかレベル高そうです。

あっという間に10キロのスタート。
また遠慮して後ろからゆっくりスタートしていると、
7分ペース。さらに狭いので前にも出られません。
「失敗した!」と思って焦って前に行きます。
一気に5分台のペースに。
汗がどっと出て、心拍数も150越え。
最初の1キロラップが6分4秒。
ペースが上がってきました。
5分30秒~40秒をキープ。
本日の目標ラインですね。

ただ最初の2キロくらいは結構狭いコースです。
月例マラソンでは一番狭いくらい。
4キロあたりで折り返して来るトップ集団をすれ違いました。
見て驚きです。
川崎月例でトップを取っていたあの顔の長い選手。
さすが走りこんでいますね。
4キロから折り返しまでがキツカッタ。
汗がしたたり落ち、ユニフォームはびっしょり。
気温は高くないのですが、湿度は78%と蒸し暑い。

折り返しの5キロ。
28分39秒。まずまずのタイム。
ただ正直復路はへばりました。
ペースは6分台へ・・・。
このあたりは夏場の苦しいトレーニングとしてタイムは諦めます。

ラスト1キロだけスピードアップして見ました。
それでも1キロ6分7秒。
ゴール!
1時間43秒。

1時間はわずか切れませんでしたが、このコンディションでは・・・。
なかなかレベルの高い良い月例大会でした。

これで赤羽月例、川崎月例、そしてこの横浜月例と
「三大首都圏月例大会」を制覇しグランドスラム達成!?

「月例会荒らし」としては、
まったく無名のランナーでしょうけど・・・。

2017年8月18日 (金)

生涯投資家 その3

「村上ファンド」が日本で最初の「物言う株主」と有名になったのが
この頃です。
具体的には、株主としての権利を行使し、企業価値が向上するよう
経営の見直しを求める投資家、これを
コーポレート・ガバナンスの先進国アメリカでは、
Activist(アクティビスト)呼ばれていました。


さらに、この頃株式市場では、「村上銘柄」という言葉もありました。
村上ファンドが買うと、必ず値上がりするのですね。
金融証券取引法で5%以上保有すると届け出がされます。
その届出がされると、急に市場で買われるようになるのです。

この本でも、
「届出は月2回の届け出期間があるので、届出がされるまでが勝負」
のようなことも書いてありました。
連戦連勝ですからファンドの資金は次々に集まったようです。

この本には投資家の心構えが書いてあります。

「投資家はお金を増やすために投資するのだから、基本的には
リターンがすべて」

これはそうでしょう。
特に海外の投資家はそれがより顕著なのだそうです。
日本ではアクティビストとしての行動に共感して出資する人が
多かったそうですが、アメリカの投資家のまったく違い、
投資に対するリターンがすべてだったのです。

Photo


ここで村上氏がその後インサイダー容疑で逮捕された時の名言を
思い出します。

記者から、

「法律内であれば何をしてもよいとお考えですか?」

という問いかけに対して

「金儲け、悪いことですか?
みんなが一生懸命お金を儲けて・・・ルールの中で一生懸命に
株取引をして儲ける・・・何が悪いんですか?}


ファンドマネージャーという仕事は儲けることが
すべてだったのでしょう・・・。


2017年8月17日 (木)

生涯投資家 その2

村上氏は通産省を退職する1999年までの3年間、
コーポレート・ガバナンスの研究をしていました。


コーポレート・ガバナンスとは、

「投資先の企業が健全な経営が行われているか、
企業価値を上げる=株主価値の最大化を目指す経営がなされているか、
株主が企業を監視・監督するための制度」

なのですね。


アメリカでは90年代に入ると、この株主が経営者を監視する仕組みとして
このコーポレート・ガバナンスという言葉が当たり前のように、
使われていたのですね。
ところが、日本ではまったく言われていなかったのです。


村上氏は役人の立場で、この制度を普及させることはできないと
悟ったのです。

つまり、投資家として自らプレーヤーになって変えていくしかないと
判断したのです。
通産省を退職して起業します。


設立の際に応援してくれたのが、オリックスの宮内氏。
45%も出資してくれます。
さらに、当時の財界のそうそうたるメンバーも協力。
日本マクドナルドの藤田田社長、セゾングループの堤清二会長、
リクルートの江副浩正氏、さらに福井日銀総裁ら・・・。


結局第一号ファンドは38億円もの資金を集めます。
若干40歳の元役人というだけで、これだけの人脈と
資金力はすごいですね。


この集めた資金で最初に手掛けた案件は、生糸メーカーの昭栄への
投資です。

上場会社は株価に発行済み総数をかけたものが、「時価総額」と呼ばれます。
つまり、上場会社としての市場価値ですね。
時価総額50億円程度の会社ですが、無借金で資産が500億円も
あることに着目しました。

資産の内訳は、保有していたキャノンの株式だけで200億円、
その他上場株や不動産など。
こういう観点で投資をするのが、村上ファンドなのです。

ここがポイントです。
こんな投資判断をする人は当時誰もいなかったのです。
「資金調達の必要もない企業が上場している意味がない。」
そこまで考えるのです。


そこで当時850円程度の株価であったところ、
2割程度のプレミアムをつけて「株式公開買付け」を行いました。

この株式公開買付けとはTOBと呼ばれるもの。
日本初の敵対的TOBです。

ところが、見事に失敗します。
6.52%としか株は集まらなかったのです。


ただ失敗はしたものの、村上氏の名前がこれで全国区になりました。
さらに株価も3倍にまで跳ね上がり、ファンドとしては大成功・・・。
さらに海外からも資金が集まってきました・・・。

2017年8月16日 (水)

生涯投資家 その1

Photo


「村上ファンド」と聞いて懐かしくて、またもアマゾン衝動買い。
村上世彰氏の「最初で最後の告白」と聞いたら、
これは読まずにいられません。
「ニッポン放送事件」、「ライブドア事件」など関連の当事者は
皆逮捕されて消されてしまいましたからね。


「本当はどうだったのだろう?」

本人の弁をやはり聞いてみたいものですから。


当時、この問題をずいぶん研究したものです。
自慢ではないですが、東京税理士会の研修講師となって、
税理士相手に講義したこともあります。
ライブドアでホリエモンをサポートしたCFOが税理士だ
という話しは結構ウケタものです。

このニッポン放送事件に絡めて、

「会社は誰のものか?」

というテーマで研究したのですね。
このテーマは、中小企業の税務顧問である私にとっても、
永遠のテーマでもあります。


この「会社は誰のものか?」という問いに対して、
強烈なポリシーを持った男。
これこそが村上世彰氏なのですね。


「会社は株主のもの」


これこそが欧米流の考え方なのですね。
「コーポレート・ガバナンス」を日本で広めようとして
残念ながら失敗した・・・。


でも「村上ファンド」は日本では叩かれてしまったけど、
考え方そのものは間違っていなかったと、当時も思っていました。
この本を読んで尚更それをまた感じました・・・。


まず、「生涯投資家」と言い切る村上氏の投資家デビューのお話から。


小学校三年生の時に父親から100万をもらい、そのお金で
株を買います。
一株2百数十円のサッポロビールの株を2000株買ったのが
最初の投資です。
すごいですね。
さらに高校生の時に、同和鉱業という仕手株にも手を出した
というから驚きです。


村上氏は関西では有名な進学校の灘高校出身ですね。
その灘高校時代に仕手株にまで手を出す投資家だったのですね。

その後東大法学部に進み、通産省に勤めます。

これだけ株が好きだったら、
どうして野村證券に進まなかったのだろうと本当に思いますね。
でも、この本を読んで納得しました。


投資の師匠は父親だったのですね。
本人は投資家でもあった父親の後を継ぎたかったのですね。
でも、

「国家というものを勉強するために、ぜひ官僚になれ」

その師匠の一言で、彼は役人になったのです・・・。

2017年8月15日 (火)

年末調整、ネットで完結 企業・会社員の負担軽減?

Photo

(2017年8月14日付 日本経済新聞より)

昨日、日本経済新聞で報道されていましたね。


『財務省と国税庁は、紙の書類でやり取りしている住宅ローン減税などの
年末調整の手続きをインターネットで完結できるようにする。
会社員はマイナンバーの個人サイトに金融機関から送られてくるデータを
勤め先に転送、企業もネット経由で税務署に提出する。
電子化を通じて年末調整で利便性を高め、低迷するマイナンバーカードの
普及にもつなげる。』


「紙の書類のやりとりをネットで」
とはどういうことなのでしょうか?
思わず考えてしまいました。


日頃から、「マイナンバー制度がより進化すれば、年末調整も
いらなくなるのかもしれない。」

そう言っております。
これ私の持論です。
年末調整ではなく、すべての国民が確定申告する制度ですね。
そのためのマイナンバー制度ではないかと。
業界人として、マイナンバーの普及に少しでも協力したいとも
思っていました。


でもこの記事見る限りは、実際には、もうすでに電子申告により、
控除証明書の添付や、借入金の残高証明などの添付は不要なのですね。

でも新しい制度では、

『個人はマイナポータルで金融機関から証明書の電子データを受け取り、
勤め先に送る。
企業も電子データをもとにネット上で確認し、税務署にもネットで申請する。
金融機関や企業は新制度に合わせてシステム刷新などが求められる。』


何だか余計煩雑そうです。
ポイントは『新制度に合わせてシステム刷新』ですね。


今回のマイナンバー導入で、我々会計業界も、中小企業側も
そのシステム刷新でかなりの負担を強いられたのです。
この上、新たな負担を求めるのでしょうか?

新制度は良いかもしれませんが、従来の制度を利用する人も
当然いるでしょうから、その選択制がある以上、年末調整の担当者としても
より煩雑な作業を強いられるかもしれませんね。
喜ぶのはシステム会社やソフト会社だけですね・・・。


結局はこの記事の言いたいことは、最後の


『マイナポータルを使うにはマイナンバーカードの個人認証が必要。
同カードの発行枚数は5月時点で1147万枚。
普及率が10%に満たない現状を踏まえ、ポータルの実用性を上げて
カードの一段の普及を見込む。』


マイナンバーの普及がやはり進んでいないのですね。
10%にも満たないそうですね。
普及が進まない国のあせりも感じますね


そのためのアドバルーンのような記事です。
やはり、何のためのマイナンバー制度なのでしょうか・・・。

2017年8月14日 (月)

草津温泉の休日

Dsc_0575


まだお休みの会社も多いのでしょうか。
お盆休みらしくライトなネタ。


申し上げていた通り、9、10日とお休みいただき
群馬県草津温泉に行ってのんびりしてきました。

やはりたまには休息も必要なのですね。
温泉につかって身体を休めたと同時に、
軽くランニングもして楽しみました。


写真は湯畑の前です。
走る気満々の様子ですね。


湯畑からバスターミナルへの急坂をかけ上り、
左折し温泉街を回ります。
中沢ビレッジのプールのある「テルメテルメ」を左折すると
自転車ロードに入ることができます。
ここがお気に入りのランニングコースです。
自然あふれる、うっそうとしたロード。
「熊注意」という看板があるほど。
若干スリリングなランニングを楽しみました。


自転車ロードを抜けると、天狗山の草津スキー場。
ここから草津温泉外への一気の下りの気持ちの良いコースです。
下り終わるとバスターミナルのある町役場到着。
1周6キロの楽しいコースです。


このコースはかなりアップダウンがありキツイ。
2周もするとかなりの汗が噴き出ます。


Dsc_0582

走り終わると、湯畑にある「御座之湯」へ。
奇麗で広い湯船につかり疲れを取ります。
2階にある休憩室の眺望がすばらしい!

たまに西の河原の路地を歩き「西の河原露天風呂」までへ。
大自然の中、広大な露天風呂につかります。
こんな広い露天風呂は初めてですね。

もう一つ、お勧めの温泉が「大滝の湯」
ここは「合わせ湯」という38度から46度までの
異なる温泉を順番に入ります。
46度はかなりのスペシャル!
我慢して熱湯につかり、そのあとの水風呂が実に気持ち良い。

ランニングの疲れどころか、日頃の疲れも吹っ飛ぶ温泉でした。

確かに
「草津よいと~こ~♪ 一度は~♪ おいで~♪」

楽しい休日でした。
リフレッシュ完了!!
今日から頑張ります!!

2017年8月 9日 (水)

9日・10日お休みします。

8月9日(水)・10日(木)は吉田はお休みをいただきます。

ただ、事務所は通常通りやっております。


「24時間あなたのために。」

年中無休の吉田事務所 です。


2017年8月 8日 (火)

税理士の料理番 その28

Dsc_0556


本日のテーマはチキンソテー。
家庭料理としては定番、基本でしょうか。


鳥のもも肉をいかに美味しく焼くかを学びます。
まずは下ごしらえから。
これが大事なのですね。
料理教室で学ぶべきことはココです。
なかなかこういう大事なことは教えてもらえません。
鳥皮を串でさして、軟らかく、かつ、油が流れ出るように
します。


あとは焼き方のコツ。
如何に皮をパリッとさせるかですね。

あとのもう一品はペンネアラビアータ。
パスタの基本を学びます。
玉ねぎをみじん切りにし、にんにく、オリーブ、
赤唐辛子を加え、トマトの水煮缶を加えるだけ。
これは実にシンプルで簡単。
シンプルだけに、いろいろ具材を足すことで
応用が効くそうです。

それとジンジャエールの作り方も学びました。
こんなものも作れるのですね。

以上三品をあっという間にでき、かつ、
なかなか美味しゅうございました・・・。


本日のメニュー

チキンソテー
ペンネアラビアータ
ジンジャエール

2017年8月 7日 (月)

こりゃ多摩ランで「ガチゆる走」

Dsc_0559


気温35度の猛暑の予想の中、性懲りもなく
多摩ランに行ってきました。

早起きしていたら、ちょうどボルトの現役最後の
「ラスト・ラン」
を見ることができました。

ちょっと感動しつつも、その日は熱中症の超警戒の予報ですからね。
私自身の「ラスト・ラン」になりませんように・・・。


今日の参加者は100名程度。
いつもより少なく、やはり遠慮しているのか・・・。

ゼッケン番号が妙に若い「39」
「サンキュー」かな・・・。


スタートして1キロ。キロ6分程度で様子見ながら走ります。
1キロすぎると土手の上。

「暑い!」

早くも汗がどっとでます。
「これはヤバいか!」
本能で早くもペースを落とします。
この汗の量はハンパないです。


次の2キロは6分50秒。
2.5キロのエイドで水を飲みながら考えました。

「今日は無理せず、『ガチゆる走』でいこう!」

筑波大学の鍋倉教授直伝の「ガチゆる走」ですからね。
20キロのうち、2キロは一応「ガチ」で走ったから
あとは「ゆる」で十分なのですね。

ランニング・ウオッチの画面を心拍数モードに、
切り替えます。
いつもなら、1キロラップを見ながら走るのですが、
敢えて見ずに心拍数だけ。
これも「ラン・スマ」でやっていた「心拍数トレーニング」


提唱者はもちろん鍋倉教授!
心拍数を見ながら走ると、走っている疲れ加減がよく分かるのですね。
このキビいしい夏場のトレーニングで無理して
心拍数を上げることは、やはり危険なのだそうです。


いつもだと、ペースを上げると心拍数150~160まで
上がりますが、今日は無理しません。
心拍数を130位にとどめるとよいようです。
そうすると脂肪燃焼効果が高いそうです。

ペースでいうと1キロ8分から8分30秒くらいでしょうか。
もう「ゆる走」をやろうと思った時点で当然ですがタイムは諦めていました。


10キロの折り返し。
暑かったですが、ゆっくりのせいかそれほど疲れていません。

14キロの公園で頭から水を浴びます。
糖質をエネルギーに変えるより
脂肪をエネルギーに変えたほうがどうやらよいようです。


とにかく、無事ゴール。
タイムはあえて書きません・・。


Dsc_0561


そのまま調布駅まででて、送迎バスで10分。深大寺温泉へ。

真っ黒な本格温泉で疲れをいやした後、
たっぷりのビールで水分補給。
猛暑を堪能した一日でした・・・。

«ダイエット経過報告